「 ビジネス手法 」一覧♪

NO IMAGE

経営学は必要か?

ハッキリ言うと、意味があるけど絶対ではないと言うが答えである。絶対に経営で成功できるわけでもないし、その技術や実力は、経営者になって其の会社を支えられなければ全く意味が無いのである。学問というのは、基礎である。実技となる社会に出てからの行動は、その世界で...

NO IMAGE

経営は儲けられなければ失敗

よくある経営者論というものだが、そもそもそういうのは経営者がそれを理解できていなければ儲けにはできないのである。人なんて、お金を稼げなければ人生を送れないのだ。経営者も人間だ。その経営方法が失敗すればその人生は終わるし、赤字を出せば死ぬ気で取り返さなけれ...

NO IMAGE

お金の話

金銭欲、というものが人間には存在する。人というのは、お金があると心理的に有利になり、そして周りにも信頼されやすくなるものだ。人というのは、ものを買うにも処分するのにも、お金を要する。それがないと、人間の世界は自由な人間ばかりになってしまうのだ。戦っても戦...

NO IMAGE

仕事はスピード

実際、仕事をするときにはどういうことを考えるだろうか?どちらにせよ、問題はどのくらいに会社に対して利益を出せるかであって、利益が出せなければ昇進も無理だろう。利益になる社員が上に行くのは当然だし、利益にならなければ首にだってなってしまうだろう。仕事という...

NO IMAGE

活動領域

もし、経営者になりたいならば、つまりビジネスのプロになりたいのであれば、次々と新しいことに挑戦するべきである。私は常に新しいことを考えていてさらに同じことは嫌いな性格だから絶対に同じ作業も次には違う方法にする。いわゆる、ルーチンワークがものすごい嫌いなの...

NO IMAGE

店の評判を得る

例えば、その店がどれだけ汚くても、人が来たくなる理由がある。其の店が老舗とか、味が良いとか、そういう他にはないほどのウリ文句があることがその店の良さにつながる。商売とは、嫌われたら終わりである。それがもし、絶対に必要な相手であれば、一生の仕事は戻ってこな...

NO IMAGE

商談

取引先と商談するとき、不自然は禁物だ。相手に絶対に物事を認めてもらうときは相手に寄り添わなければならない。人というのは話し掛けても心が許せない場合は仲良くなれないものだ。だからこそ人間と人間の会話である商談は、絶対にプライドや自分勝手は許されない。これが...

NO IMAGE

下請けの基準

下請け業務の会社は、絶対に上手には立ってはいけない。調子に乗ってデカい態度で「私達このくらい、あなたはこのくらいでいいよね?」なんて商談は絶対にしてはならない。大手との商談と同じだが、これもwin-winの法則が使えない。下請け企業とはそれだけ相手に歩合を譲らな...

NO IMAGE

また来たくなる店

その店や会社に、また来たくなるお客様がいるだろうか?そんなこと当たり前じゃないか。ここにおいて、絶対にそんなことはない。当たり前にお客様が再度来るなんてことはない。もし、圧倒的なほど嫌われてしまったら、そのお客様は絶対に戻ってこない。そして、二度と其の店...

NO IMAGE

限度以上

クレジットカードを持っている人は知っているだろうが、いわゆる決済方法には、分割払いとリボ払いという方法がある。分割払いはその金額の商品を何回かに分けて分割で支払ってしまうという方法だが、リボ払いはその金額を何回かに分けて支払いの負担を減らしながら完済する...

スポンサーリンク
スポンサードリンク