「 ビジネス手法 」一覧♪

NO IMAGE

ネットビジネスにおける難点

ネットビジネスをやるにあたって、あなたは楽だと思って個人でやるだろうか?それとも、団体でやって堅実に普通の企業のようにするだろうか?ここにおいて、一つだけ参考にできることを言うと、「一人で儲けることは、他の人と一緒よりも断然難しい」ということだ。一人で儲...

NO IMAGE

営業スマイルが必要な理由。

例えば、営業をする人間や商品を売りさばく人間の場合、営業スマイルというものを基本的スキルとして教育されることが多い。もしくは、教育自体がされてない可能性が高い。簡単な話、営業するにしてもなんにしても、相手先との取引方法において、他人に受け入れられやすいか...

NO IMAGE

挨拶の効果

朝会社に来たときに挨拶をする、それだけで状況が変わるが、問題は、その状況がどうしようもないときもあるということだ。みんな何か問題があってイライラしているかもしれない。そんな時、一つだけ方法がある。朝入るときに、一瞬だけでも挨拶を遅らせてみたらどうだろうか...

NO IMAGE

挨拶

挨拶はスキンシップだ。これを朝通勤したときにできない社員は、経営者にとって不利益ばかりだ。なぜなら、挨拶は他の会社に行ってもしなくてはならない。それがふつうのコトなのに、内部でさえもしないというのは礼儀知らずだ。つまり、挨拶をろくな意味でできないような人...

NO IMAGE

挨拶

挨拶はスキンシップだ。これを朝通勤したときにできない社員は、経営者にとって不利益ばかりだ。なぜなら、挨拶は他の会社に行ってもしなくてはならない。それがふつうのコトなのに、内部でさえもしないというのは礼儀知らずだ。つまり、挨拶をろくな意味でできないような人...

NO IMAGE

ルート

仕事をする場合、その仕事が終わるまでの大体の道標を作っておくことが重要だ。このぐらいの時間でこの程度の仕事が終わり、そしてこの時間あたりに休憩を取ればベスト、取れなければ仕事を続行する。仕事とは、そういう筋道立てて考えると行動しやすい。もしそれがかなわな...

NO IMAGE

金銭感覚

経営者にしろ労働者にしろ、金銭に対しての感覚が敏感で鋭敏なほうが有利である。どれだけ労働しようとも、節制できなければ労働の服を買えない。変えなければ変わらずテンションや気持ちも新調できない。お金というのは、その人間を支えるものであって、最終的にそれを持つ...

NO IMAGE

スマイル

営業相手や取引先には笑顔で。小売店ならば相手にしっかり寄り添いしっかりとスマイルでお客様をもてなすべきだ。そういう接待の心は、福祉を見るとわかりやすい。福祉は人を見ることが一番重要な職業だ。人に対して礼儀がなっていないとどうなるかというのも、学びやすい場...

NO IMAGE

教育

学生に教えるのも大事だが、ビジネスを教えるのもかなり教育力がいる。まともな行動ができない新人を怒らなくてはならないし、それが年上でも関係がない。教育とは、過保護じゃないのだ。守ろうとすれば甘やかすようになっていき、最終的に関係性があやふやになって起こる必...

NO IMAGE

店の評判を得る

例えば、その店がどれだけ汚くても、人が来たくなる理由がある。其の店が老舗とか、味が良いとか、そういう他にはないほどのウリ文句があることがその店の良さにつながる。商売とは、嫌われたら終わりである。それがもし、絶対に必要な相手であれば、一生の仕事は戻ってこな...

スポンサーリンク
スポンサードリンク