シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

時は金なり

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

世の中には、
時間がカネになると思う人間がいるが、
それはヒドく正しいことだ。




一瞬一秒も無駄にせず仕事をすれば、それだけ仕事を回すことは造作なく出来る。




人というのは、
無駄がいっぱいある。
その無駄がなくなることは、人間にとって無限の時間を得るということなのだ。


どれだけ強くても、
圧倒的さにならないことは普通多い。


同じ人間だから余計にそれはあるはずだから、相手が本当に圧倒的だったらもう戦えるようなものではない。
人外の生物と戦っているようなものだ。


最新兵器を備えた機械に勝てないのと同じだ。
どんな兵器も、
それ以上の性能には勝てないが、どんなに強い人間も、
圧倒的に強い相手にはもちろん勝てないものなのだ。
世の中には、
どうしても理由があって立場の弱い人がいる。




その人を見捨てることは人徳に反するし、絶対にある程度は救いたいと思うものだ。



だからこそ、
この世界にはなにかしらの手助けがあるのだから、
そういうものに頼ってもらえると少しは楽に楽しく生きれると思うのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:頭が悪いと言われたことは有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

正直、
昔っからそうだったよ?



私は別に特段頭がいいわけではないし、そもそも頭が良くなるくらいに考える数を増やしているだけなの。




思考パターンだけは誰よりも優れていると自分でも思っているし、
頭自体がいいわけではない。


だけど、
それだけに強くなるにはどうしたらいいかと考えたら、
この方法しかないと思ったんだ。


いつでも緊急事態を予測しておこう。



そのために保存して置かなければいけない耐力を温存し、
絶対的勝負のときに全力以上を出せるよう備えておこう。




そうすることで、
人生はもっと豊かになる。
これだけでいい。




生きるのにこれだけでいいと思うようなことがあるだろうか?


例えば無人島に流れ着いたらというと、
人それぞれで必需品がちがうというけど、
必需品にさえもある程度の許容条件がある。




簡単に言うと、
何もない世界に持っていけるものは、命と体しかないものだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

土下座には最新型がある??

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

土下座には最新型がある??
実は、土下座というものは、ほそぼそと進化を遂げているのです。実際、ネットの動画サイトなどを見るとわかるのですが、通常の土下座とはまた違った、様々な土下座があるのがわかります。プロならば本を読め。とにかく読んだ本の数だけは成長する意味がわかって...(続きを読む)

トレンドワード情報です!
(2016年10月5日)儲ける 語源最接近台風接近中台風前栗ご飯秋雨前線通過中秋色真夏日秋桜曼珠沙華アケビ夜長お気を付けスマートフォンPHPビジネスパーソンビタミンD知名度欲求ガーデニングコスモス脆弱性特別価格無線LAN支部コミックマーケットネトウヨハナミズキATOKDI...(続きを読む)

土下座にクーリングオフは適応できますか?
土下座はその時即時発動型のトラップカードです。クーリングオフは適応できません。仕事をするのならば、雑にやってはいけない。常に最新に注意をはらい、常に一つひとつの作業に目を置かなければならない。一瞬の迷いが失敗を招くことがあるのだ。どんなピンチ...(続きを読む)

女の経営術
男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、女性になると、ワンマン経営は向いていない傾向に有る。これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。これは遺伝子的問題だ...(続きを読む)

相手の機嫌を伺う基本
まず、低姿勢で反応しない相手の顔を見上げます。そこでキレられますので土下座したら、多分大丈夫です。仕事もなんでもそうだけど、自信がないとなんにもうまくいかないのは当然なのだ。限りある人生だし限りある時間だけど、その慢心とも言える自信が、人を変...(続きを読む)

(2016/12/04)
ワイシャツ 語源Android 隠しゲームチョウセンアサガオ師走忘年会シーズン初冬クリスマス仕様買取価格クリスマスイベント三日月ネット情報皇帝ダリア飾りつけ雲一つFacebookwordpressKindleWindows 7X線ウィジェットクソゲーコミックマーケットフロイトベートーヴェン...(続きを読む)

女の経営術
男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、女性になると、ワンマン経営は向いていない傾向に有る。これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。これは遺伝子的問題だ...(続きを読む)

パーフェクトな攻め
相手に調子乗ったら土下座しましょう。そして、逃げたくなってきたら、平謝りして逃げましょう。相手をムカつかせられれば、完全勝利です。仕事を中途半端にするなというけど、お金を稼いでいる会社にとっては中途半端でもいい時があると思う。だって、その暇な...(続きを読む)




どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、
昔の人は言うけれど、

私はそれはあっていると思う。



気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。


それだけに、
気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。
便利なものは使いたい。

その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



それはでも、
成長には関係がない。
成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

なんでもできる必要などないが、
なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

自信

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

仕事もなんでもそうだけど、
自信がないとなんにもうまくいかないのは当然なのだ。



限りある人生だし限りある時間だけど、
その慢心とも言える自信が、人を変えていくのだ。


仲が悪い相手は誰にでもいる。



だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
人間はそんなによくできていないから、
頑張らなくても別にいいのだ。
ストーリーや作品には、
常に「最新作」が求められる。

それはこの「ブロガー」の業界も同じで、常に最新の記事があることが読者様への作品提供になる。
映画やコミックの世界のように、
常に新しいブログであろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

限度以上

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

クレジットカードを持っている人は知っているだろうが、
いわゆる決済方法には、

分割払いとリボ払い

という方法がある。



分割払いはその金額の商品を何回かに分けて分割で支払ってしまうという方法だが、
リボ払いはその金額を何回かに分けて支払いの負担を減らしながら完済するという方式である。




だが、
この支払い方法は、
限度以上は使えないのが難点だ。




リボ払いも分割払いも、限度額が設定されており、ちょっと考えただけでは分からないが限度に達するとそれ以上は支払えないから予想以上に返済が遅れてしまうほど負担してしまう危険性があるのだ。




もし、
リボ払いや分割払いをしたいのであれば、
その方法で返済する見込みがあるのか、しっかりと金額と残高を見てみるといいだろう。


パーフェクトなことなどない。



完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。


それは人だから当然だし、
生き物だからこそ当然あって当たり前の力だ。


人は不完全だから、
前を向いて歩くことが出来るのだ。
誰よりも先に。


親よりも家族よりも他人よりも先に。



人生の先輩よりも
人生よ後輩よりも先に。



ずっとずっと更に先に。
永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:本は読みますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

実際、
あんまり読みません。


それは、今現在読んで必要な情報源になる本がないからです。





私は本を読む時、
一日に100冊位読みます。



なので、
読書をすることがなくなるくらいに情報収集できますので、
さらに本の内容を完全に記憶するためにパラパラめくることで画像として本の文章を認識し睡眠時に文章の内容を情報として頭に流し込む
「画像認識記憶法」
というものを自分で研究して開発しています。



なので、
内容やそれに近い本がありそうであれば読みますが、
一度に100冊読めれば、
その情報量は5ヶ月か6ヶ月は目新しい情報は世の中の本に存在しなくなります。


なので、あまり最近は本を読みません。


努力には価値がある。

それはつまり、
努力することで得るものはかならずあるということだ。
それにより得をすることで、
新しいことが出来るようになればなお嬉しい。


そのことだけが人を笑顔にさせるのだから、
人は成長することが素晴らしいことだと思うのだ。
生きることに誠実であれば、
必ず未来はある。



卑怯なことに未来はない。
だが、
それだからこそ世界は安定しているのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今日のトレンドワード情報です!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

[2016/10/02]





ハクレン
水素生成器
学力テスト 順位
トマト味噌
タレント 人気度
アカマタ
ブラック派
光脱毛
神無月
第14節
秋雨前線
キンモクセイ
秋本番
ハロウィン仕様
スタンディングオベーション
シュウメイギク
栗ご飯
曼珠沙華
小雨模様
首位打者
秋風
夜長
DIY
古代エジプト
アイヌ
クラムボン
コーギー
チャップリン
ハンガリー
ヒガンバナ
メカブ
愛媛県
映画の日
初音ミク
団塊の世代
地球温暖化
労働組合
スマートフォン
夏目漱石
特別価格
日本国憲法
パラリンピック
YouTube
Amazon
Googleマップ
楽天
DMM
Google
Facebook
台風情報
郵便番号
天気予報
Twitter
クックパッド
楽天市場
価格.com
Jリーグ
心身症
金銭感覚がわかる瞬間


なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?

だが、
魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、
たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?


空を飛べたとして、
ジェット機に巻き込まれるような気がする。



それくらいに、
この現世は完璧なのだ。
カッコつけるな。



そんなに立派な人間じゃないだろう。

そう思えば思うほど、
強さを誇ることがいかに困難か思い知らされる。



だからこそ、
カッコつけるのは本当に強くなってからだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

成功論

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

物事に成功する人は、
何かしらの関係で成功する理由を知っている。



探偵もそれに近いが、
推理するために情報と同じように、経営者や成功者はなにかしらのヒントになる対象物がある。




例えばサプリメントであればどの成分が珍しくそして既存のものよりも優れていることを発見できればもう商品を確保できるようになるだろうし、
それができないからこそ様々な健康食品メーカーはこぞってライセンスを取ろうとするだろう。


それくらいに、
ヒントを見つけると先を見通しやすいものだ。


時間や場所。




それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。



人の世界は一度そこで起こったが最後、
二度と同じ環境はない。


それが、
この世界の絶対領域だ。
なんでもそうだが、
そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。

いわゆるぶりっ子とかも、
意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。
いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

商談の際に気をつけておくこと

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もし、
どこかの相手に商談を持ち込む場合、
気をつけておかないといけないことがある。



それは、相手に対して敵意はないか。
そして、
心が落ち着いているかと、相手に対して確実に商談ができるかという自信である。





自信がない会話は成立しないし、
相手に対して余裕が無いと駆け引きできない。
そして、
相手に敵意がある商談など、どちらにせよ成立させてもらえないのだ。


世の中には、
手に入るものと手にはいらないものがある。

それは愛であれ友情であれ手にはいらないものは手にはいらない。

だから絶対的な友情はないし信頼もない。


人というのは、
生きている間常に罪深いのだ。
世の中、
理解できないことはいくらでもある。




勝てないほど強い人に、
意味のないのに稼ぎになっている職業、勝てないはずのギャンブルだって、
何故か勝っている人がいる。





世の中ってのはそういうもんだ。
わからないことにさえわかって勝っている人がいるものだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事で絶対に成功する方法はありますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あると思うよ?



でも、
人それぞれで違うと思う。



だから私の場合だけで説明するんだけど、
私の場合、
絶対に生きる上で守らなければいけないルールを決めている。


これを破ったら仕事で成功できないし、運も良くならないと思う条件はすぐに足していって、
多分ざっと考えてみると1億パターンルールが有る。




まあ、
そもそもこの世界というのはどこへ言っても法律があるから、
人間として意味が無いことは特に規制しておくべきだし、
そうしておけば、
そのルールを破らなければ自由だし。




こういうように、
仕事ができる人には何かしら守っている行動があるじゃないかしら。



色んな人の仕事法を聞いたりするし、
ネットで偉人の仕事論をよく目にしているけど、みんな条件を何かしら守って行動している人が成功している。

つまり、
通常の法律や規則を守るだけではなく、
自分にとって必要不可欠なルールを作ることでなにかしら自分のしたいことを叶えているのではないでしょうか。


どんなピンチのときも、
諦めるべきではない。




戦いいや仕事には、
絶対にピンチでも助かる方法はある。





その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。
自分に従事るものを眷属という。



その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。


つまり、
その人間を信じて付き合うことである。





眷属というものは絶対的ではない。
だからこそ、
主従のよう主が強制的というわけではないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。