シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事はいくつ掛け持ちしているのですか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

ハッキリいいましょう。


2016/10/20時点で80個近く掛け持ちしています。




それは自宅でやっている業務で、
他には本業が有ります。



実は、
私のブログはさしてそれ自体が職業ではなく、
そのブログそれぞれが一部収益源化しているだけで、全部が他の職業とつながっています。
なので、
職業的には80個あります。




其の中には、
YouTuber、ブロガー、ゲーマー、エッセイスト、評論、
など、
全部が職業です。


基本的に私はこの職業全部を一人で回しています。
利益的には全部が全部完全に生きていける額ではなくても、それぞれの稼ぎで生きていける額です。
実質的に、
現行状態で本業があるのも、
現時点で恐らく3年間くらいまだ安定化が必要だと思っているからです。


己の力だけで、
他人に頼らずそれで食っていける技術を持つものを、
プロという。




人とはなにかしら真似出来てそれをすれば強くなれると思うのだけど、
それは大きな間違いなのだ。
絶対的規律があっても、
其の規律を守り講師する側が問題ではいけない。




その生き方人生にも、
それを構成する物質あり。




そして、
其の人生にも、他の人生あり。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

限度以上

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

クレジットカードを持っている人は知っているだろうが、
いわゆる決済方法には、

分割払いとリボ払い

という方法がある。



分割払いはその金額の商品を何回かに分けて分割で支払ってしまうという方法だが、
リボ払いはその金額を何回かに分けて支払いの負担を減らしながら完済するという方式である。




だが、
この支払い方法は、
限度以上は使えないのが難点だ。




リボ払いも分割払いも、限度額が設定されており、ちょっと考えただけでは分からないが限度に達するとそれ以上は支払えないから予想以上に返済が遅れてしまうほど負担してしまう危険性があるのだ。




もし、
リボ払いや分割払いをしたいのであれば、
その方法で返済する見込みがあるのか、しっかりと金額と残高を見てみるといいだろう。


誰だって人を恨む。


それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、
絶対にそれは止めることはできない。



人間なんてそんなものだ。
決して立派なものではない。
人生に勝つことは必須だ。



どんなに負け犬人生でも、何かしらに勝っていなければ絶対に大人になっていないはずだ。



この世界は、
勝たなければ前へ進めないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「開始した中二病ブログ」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

「開始した中二病ブログ」
さてさて。ついに発症した、いや、発生した新しいブログですが、もうタイトルを見たら変わりますよね笑このブログはそう、中二病記事専門ブログです。正直30歳でも中二病真っ只中の人間が書くブログなので、完全に頭おかしいと思われるかもしれませんが、楽しそうなのではじ...(続きを読む)




料理はスピード。

そう言われるのは昔からだ。
なんにせよ。
スピードは大事だ。

相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。
物事には、
簡潔に告げなければいけないような物事がある。



たった一瞬の迷いでも意味がなく、
その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、
そういう状況がある。




人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

営業論

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

偽りでもいい。


正しくなくていい。

会社のために仕事を取ってくるのに、プライドなんていらないのだ。





社会で生きるには現実を知ることが必要だ。
いくらでも仕事をもらうために、
媚びへつらう努力をしてもいいじゃないか。


私が私である根源は何か。



私が私として生きているからか?
私が誰かに私として理解してもらっているからか?


いや、
違う。



私がまだ生きているからだ。
いつまでも全力で。


時には叫びながら限界を超えるのもまたいいことだ。


それくらいに「スーパー」にあふれるやる気があれば、
どんな困難も大抵は乗り越えられるだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

経営者になる。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もし、
あなたが社長業、経営者になる場合に、
一つだけ言って置かなければならない。


それは、
経営者というものは、
上に立つものだということだ。





だから、
全て下の者の気持ちを理解できなければならない。
ただし、
理解をしたからと言って従いすぎてはならない。



仕事というのは、
少なからずどこかに他人がいる。
社員までは味方かも知れないが、店舗を持つならば不動産屋、
商品を入荷するなら相手先が他人だ。


必ず仕事をする時、
他人がかならずいるということを意識しておくべきだろう。


物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。

いわゆるタスク処理と同じだが、
駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。


駒というのはなるべく持っておくべきだ。
この駒がなければ、
絶対に戦えない的とも戦えるのだから便利だ。
思いがすれ違うことがある。


だが、
そのスレ違いとは、相手を理解しなかった時だからこそ大きい。




少し歩み寄りがずれただけで、
人は相手との歩調がずれる。

それこそが、
本当のすれ違いだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事はいくつ掛け持ちしているのですか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

ハッキリいいましょう。


2016/10/20時点で80個近く掛け持ちしています。




それは自宅でやっている業務で、
他には本業が有ります。



実は、
私のブログはさしてそれ自体が職業ではなく、
そのブログそれぞれが一部収益源化しているだけで、全部が他の職業とつながっています。
なので、
職業的には80個あります。




其の中には、
YouTuber、ブロガー、ゲーマー、エッセイスト、評論、
など、
全部が職業です。


基本的に私はこの職業全部を一人で回しています。
利益的には全部が全部完全に生きていける額ではなくても、それぞれの稼ぎで生きていける額です。
実質的に、
現行状態で本業があるのも、
現時点で恐らく3年間くらいまだ安定化が必要だと思っているからです。


秘密とは共有するものだ。

誰にも明かしたくない事実ならともかく、誰かと共有したい事実ほど共有してしまうものだ。
人には秘密を言いたくなるという修正がある。


だからこそ、
誰にも明かしたくない事実以外は他人は絶対話してしまうのだ。
世界各地を回る。

それは新しい出会いがあるかもしれないし、
新しい苦労があるかもしれない。


でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。
新しい世界で人は何を見るのか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

営業論

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

偽りでもいい。


正しくなくていい。

会社のために仕事を取ってくるのに、プライドなんていらないのだ。





社会で生きるには現実を知ることが必要だ。
いくらでも仕事をもらうために、
媚びへつらう努力をしてもいいじゃないか。


人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもある。



人というのは生きている以上、
ある程度の意味で他人と同じ生き方をしている。



空気を吸わないと生きていけないのも同じである。
人は別に特別すぎるというわけでもない。
だからこそ、
どこかしらで個性がつくのかもしれない。
パーフェクトなことなどない。



完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。


それは人だから当然だし、
生き物だからこそ当然あって当たり前の力だ。


人は不完全だから、
前を向いて歩くことが出来るのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:そもそも仕事って面白いんですか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

・・・うーん。



多分、
面白くないと思うよ?



あえていうけど、正直自分の人生を支える活動をオモシロイと思ってやれないと思う。


なんてったって
それで生きるための資源を勝ち取るわけだから、
スゴく不便だよ。
だからこそフリーターや自由起業とかの方法を取る人がいるんだけど、そのやり方は儲けられるかっ言うと、最終的にその人の実力次第になるんだよね。




だからあえていうけど、
個人起業のほうが難しいし、私は楽しいからやっていて、さらに5年近くやっているから安定はしているだけなのよ。


必要以外の者は最低限度にしたい。


最低限度のほうが動くと気楽だし、
さしてストレスなく過ごせるからだ。


世ではミニマリストと言われる人が増えている。
私はどっちかというと、
人生をミニマムにしていっている人だ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

現実的な給料問題

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

この社会では、
給料が低いから文句をいう人間がいるが、そもそもその実力はあるのかどうかという問題があるだろう。




実力が本当にあれば、
給料を会社が与えなければいけない、
そうしないと、
なにかしらの社会的批判が起こる可能性が会社にはあるい。



簡単にいえば、
しっかりと実力があるのならば、しっかりと報酬を請求してもいいのだ。
会社というものは経営者が運営しているだけではなく、
社会にある人や客やサービスが基である。
つまり、
他社が批判されるくらいならば、会社は雇わなければ過剰労働(オーバーワーク)になってしまうだろう。


ケンカは止める必要がない。

仲裁すればいいのだ。
悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、
相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。




その中で、
何かが生まれればそれでいいじゃないか。
物の価値は人それぞれで違う。

骨董品でも興味が無い人からしたら普通に食卓で出す皿として扱うほどになるだろう。
人とは自分が主体だ。



だからこそ、
絶対的に儲ける方法はないし、絶対的に万人に受ける手段はないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。