シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事で絶対に成功する方法はありますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あると思うよ?



でも、
人それぞれで違うと思う。



だから私の場合だけで説明するんだけど、
私の場合、
絶対に生きる上で守らなければいけないルールを決めている。


これを破ったら仕事で成功できないし、運も良くならないと思う条件はすぐに足していって、
多分ざっと考えてみると1億パターンルールが有る。




まあ、
そもそもこの世界というのはどこへ言っても法律があるから、
人間として意味が無いことは特に規制しておくべきだし、
そうしておけば、
そのルールを破らなければ自由だし。




こういうように、
仕事ができる人には何かしら守っている行動があるじゃないかしら。



色んな人の仕事法を聞いたりするし、
ネットで偉人の仕事論をよく目にしているけど、みんな条件を何かしら守って行動している人が成功している。

つまり、
通常の法律や規則を守るだけではなく、
自分にとって必要不可欠なルールを作ることでなにかしら自分のしたいことを叶えているのではないでしょうか。


集めたい。

これが欲しくてたまらない。





人にはそういう欲求と衝動がある。



人は何かを欲するし、
予想外なことに対して反応する時がある。
人は、
そういうものなのだ。
私が私である根源は何か。



私が私として生きているからか?
私が誰かに私として理解してもらっているからか?


いや、
違う。



私がまだ生きているからだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仕事

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

仕事を中途半端にするなというけど、
お金を稼いでいる会社にとっては中途半端でもいい時があると思う。


だって、
その暇なのが仕事だという人もいるし、それは人それぞれでその会社自体が真面目に思っていてもその子たちからしたら遊びくらいでしかないかもしれない。


要は、
仕事っていうのはできることができればいいんだ。
誰にいわれようが完璧にこなせる余裕が有るのなら適当でもいいし、わざわざ本気を出す必要もないのならだらけてたッていいのだ。


マトモな考えというのは、
誰もが同じ領域で考える範囲なのだろうか?


真面目な話、
それ以上に意味があるならばそれ以上にマトモな案があるし、
人間というのはまともな意見というものが絶対的解決法だったらそれを受け入れることが出来るのだろうか。


それくらいに、
マトモすぎる意見はかなりの確率で恐いものなのだ。
驚くことに体力を使うのか?



人というのは、
どんな動作にも筋肉が反応するため、どうしても体力を動作によって消耗してしまいます。



まあそれくらいに、
人というのはどんなことにあっても疲れる生物だということでしょう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

限界以上!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

限界以上!
やるならば、常に限界以上に突っ込んでいきたいものだ。無限に挑戦心を出すというか、無限に攻めていくというか、失敗を恐れない心というのが今以上のものをもたらすと思うんだ。人は前に進まないと生きていけない。ならば、前へ進む向上心は常に欲しいのだ。鬼に金棒という...(続きを読む)

「簡単な話」
(2016/11/17)いやー、ようやく、定期記事の更新ですよ笑なんでかっていうと、しばらくオリジナルで一記事のみっていう記事のタイプを更新しようともくろんでいたんです。が、全然続きませんでしたね笑なんでかっていうと、安定感が全然ないな、っていう。やはり、安定が一番...(続きを読む)

Q:最近おとなしいですね。
(2016/12/04)・・・うん?そうですかね??私的には結構活動していますよ笑ただ、確かに記事自体はあまり書いていないかもしれません。私は基本的に、一時的にスゴく書くけど、急に情報収集や活動領域を広げるために活発に記事のライティングを休んで現実から情報を搾取しよ...(続きを読む)

「風邪だったっていうね。」
(2016/11/21)もうね、本気でやばかったんですよ。風邪。完全に昨日は休日で、限界まで落ちてしまって、その前の土曜日は喉がひどすぎて仕事休憩に水含むだけで吹き出すし。それくらいに危険度マックスな風邪状態でした汗まあ、その割には一日で治って、現在は完全に余裕の表...(続きを読む)

背丈
自分が小さく思えるのならば、その分努力しよう。小さくても大きくなればいいし、背だって伸ばす方法があるだろうし。それくらいに簡単なことなはずだ。決して、諦めるべきではないだろう。技術とか知識なんかよりも、圧倒的パワーと破壊力の一撃のほうが圧倒的に有利だ。そ...(続きを読む)

Q:天候が悪いですね。
(2016/11/28)そうですね~笑冬に近づいていますし、どうしてもこうなりますよね笑私的にはあんまり好きじゃない季節です。なんでかっていうと、健康管理をする上で、太陽の光を浴びられない環境というのは致命的だからですね。人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもあ...(続きを読む)




夢なんて持つべきではない。




というよりも、
私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。
夢というのは努力せずして手に入れることはできない。



それと同じように、
どんな物事も成功するには努力しなければならない。
私もそうやって努力してきた。
圧倒的に強くても、
圧倒的に勝てることはない。


圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。




すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。

それくらいに、
強くなっても休まることはないものだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

部活動の意味

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

学校でやる部活動とは、
どういう意味で必要なのだろうか?




これは社会に出たときにそれを評価価値として会社に渡せることと、
活動に寄ってお金になる仕事になる場合がある。





さらに、
人間関係の構築法や相手との関わり方、
賞を取るなどで栄華を極めるなど、子供の時から自分のセルフマネージメントできる手段だといえる。
これをすなわち、
将来のための貯蓄というのだ。


生きることに誠実であれば、
必ず未来はある。



卑怯なことに未来はない。
だが、
それだからこそ世界は安定しているのだ。
便利なものは使いたい。

その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



それはでも、
成長には関係がない。
成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

なんでもできる必要などないが、
なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

部活動の意味

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

学校でやる部活動とは、
どういう意味で必要なのだろうか?




これは社会に出たときにそれを評価価値として会社に渡せることと、
活動に寄ってお金になる仕事になる場合がある。





さらに、
人間関係の構築法や相手との関わり方、
賞を取るなどで栄華を極めるなど、子供の時から自分のセルフマネージメントできる手段だといえる。
これをすなわち、
将来のための貯蓄というのだ。


生きることに誠実であれば、
必ず未来はある。



卑怯なことに未来はない。
だが、
それだからこそ世界は安定しているのだ。
便利なものは使いたい。

その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



それはでも、
成長には関係がない。
成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

なんでもできる必要などないが、
なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:経営ができると何が出来るんですか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

正直言うと、
なんでもできます笑




なんでもって言うと無限にって思うと思うんですけど、
それは違います。
向上し続けるので無制限には増えますが、人間である以上その領域を突破するのは不可能なのです。



仕事に関してもそうですが、
プライベートにおいても、
どのことをしたら無駄なのか。
お金の使い方を理解できるため、ガソリン代から何から何まで細かく計算できる。
料理においても材料の使い方など知識の柄方もシンプルなので上手く出来るようになる。


など、
大抵のことは出来るようになります。




もし、
できなくなるとすると、
悪いことはできなくなりますね笑
なので、
経営学を学んでいると、
「社会的に地位の欠落によりどんな不利益が起こるか。」
とか、
そういう常識というのも計算できるようになります。
これは子供なら子供ほど学んでおいたほうがいいです。
そうすると、
将来悪いことをしちゃいけないとか、
子供の時から吸収率の良い状態で学べるとか、そういう当たり前のことを理解してくれるようになります笑


感覚を研ぎ澄ませ。


一瞬一秒でも無駄にするな。



全身全霊の一撃ならば、
どんな相手も倒せるかもしれない。


決して諦めるな。
言ってみれば
「この世の中リスクだらけ」
だ。
たった一歩のミスで問題があっただけで仕事を追われるなんて当たり前だ。
そういうリスクを考えられるために中学高校で
「法律」

「常識」
を習ったのではないだろうか?

生きていればリスクだらけだ。
そのリスクは人を危機に陥れる時もあるし、人を救う時もある。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女の経営術

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、
女性になると、
ワンマン経営は向いていない傾向に有る。



これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。
これは遺伝子的問題だけど、
どうしても男性は女性に勝ちたいって習性もあるから、
ふざけた態度や舐めた態度をとる男性たちが多いのが古来からの両性の性質にあるのは理解できるはずだ。



例えば男女逆転なんて言って草食系男子肉食系女子がいても、
最終的には考え方がそうなだけで男性はやっぱり肉食だ。


女性はどうしても筋肉や活動の範囲が男性よりも狭くなってしまう条件が多い。
差別ではなく、
ただ単に、
恐らくワンマン経営のスタイルは向いていないだろう。
少なくとも、現代ではまだ。


永遠につづく人生ではない。


どこかで終了、
どこかで限りがある。



その人生を、
送る方法を模索するのが、成長というものだ。
人を信じるならば。
とことんまで相手を信じ抜くべきだろう?

そのためには自分を信じてもらわなければならないし、自分を切り捨ててもいいとさえも言わなければいけないことなのかもしれない。
人は人に信じてもらおうと努力する。


それは人が自分のことを信用して欲しいのだから、永遠に変わらないことなのだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

経営は儲けられなければ失敗

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

よくある経営者論というものだが、
そもそもそういうのは経営者がそれを理解できていなければ儲けにはできないのである。




人なんて、
お金を稼げなければ人生を送れないのだ。


経営者も人間だ。
その経営方法が失敗すればその人生は終わるし、赤字を出せば死ぬ気で取り返さなければならない。



経営者は、
儲けられなければ生きている意味が無いのだ。


なんでもそうだが、
そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。

いわゆるぶりっ子とかも、
意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。
いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。
どんなことがっても、

勝負を仕掛けてきたほうが負けやすい。
これは相手が先手を打つのだから、攻め続けなければ当然手が一歩先で相手よりも先に動かなければいけない差なのだ。


相手から攻めてきた場合、
守りからいけるから相手の攻撃が一回失敗したら確実にこっちの番だ。


戦いとは、手を出したほうが一番不利なのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事で絶対に成功する方法はありますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あると思うよ?



でも、
人それぞれで違うと思う。



だから私の場合だけで説明するんだけど、
私の場合、
絶対に生きる上で守らなければいけないルールを決めている。


これを破ったら仕事で成功できないし、運も良くならないと思う条件はすぐに足していって、
多分ざっと考えてみると1億パターンルールが有る。




まあ、
そもそもこの世界というのはどこへ言っても法律があるから、
人間として意味が無いことは特に規制しておくべきだし、
そうしておけば、
そのルールを破らなければ自由だし。




こういうように、
仕事ができる人には何かしら守っている行動があるじゃないかしら。



色んな人の仕事法を聞いたりするし、
ネットで偉人の仕事論をよく目にしているけど、みんな条件を何かしら守って行動している人が成功している。

つまり、
通常の法律や規則を守るだけではなく、
自分にとって必要不可欠なルールを作ることでなにかしら自分のしたいことを叶えているのではないでしょうか。


守っているものといえば、
影のようなものに思える。



常に一緒にいて、
常に動いているときも友にいる。






そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?
人生で成功している人を「勝ち組」っていうけど、
勝ち組の人って
ただ成功したわけじゃないんだよね。



私もそういう意味ではもうお金を稼ぐことに苦労はしないだろうから勝ち組なのかもしれないけども、
それなりに今でも失敗はするし、
凹むことなんて何度もある。




そうやって失敗しているから、
リスクを考えても成功には必要だと思って立ち上がるんだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

自信

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

仕事もなんでもそうだけど、
自信がないとなんにもうまくいかないのは当然なのだ。



限りある人生だし限りある時間だけど、
その慢心とも言える自信が、人を変えていくのだ。


男の夢というのは、


ロボットや機械とか、夢のあることをやることが多い。
それは別に悪いことではないが、
女にはわからないから美学なのだ。
料理は調和だ。

その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。
人に対しても調和が大事である。
相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。



それこそが、調和である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

経営者の心構え。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もともと、
経営者というのは何かしらの事業をしていて、
その事業のトップだということである。




なので、
会社が不祥事を起こしたら、
即刻誠心誠意謝らなければならないのである。




社員である身内の悪いこともいいことも、
把握しておくのがコツである。


どんな行動も、感覚が重要だ。



どんな几帳面でも同じことは同じことに起こらず、
常に新しいことが現在では起こっている。






いつも同じなんてことはない。
新しい行動が、新しい世界を生むのだ。
人なんてさして重要でもない。

この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は共存しているのだから特段変わったことでもない。


人というのは意外と自分勝手だから、
あまり必要のない人間関係なんて作る必要が無いのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

勝敗を分けるもの

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

勝敗を分けるもの
相手と勝負をして勝つにはどうしたらいいだろうか?実は、簡単なことなのだ。相手に勝った瞬間絶対に戦わなければいい。だって、勝って次戦って負けたら損だからだ。一回勝てば二度は絶対に勝負させてくれない。それが世の中だ。私も正直一度勝ったら二度勝負はしない主義だ...(続きを読む)

確率を操作する方法
例えばルーレットやサイコロにおいて、絶対的に勝利する方法があるだろうか?実は簡単な方法がある。競馬に勝つ方法などでよく紹介されているが、どの馬にも賭ければいい。詳細なことはともかくとして、一番オッズの低い馬には高めに、一番オッズの高い馬には低めに賭ければ...(続きを読む)

嫌われることが恐い理由
人が人を嫌いになる理由というのを知っていますでしょうか?ここが人はわかっているから嫌われるのが恐いんです。実は人は、本当は知っていることを深層心理に隠して表面ではそれを認めるのが恐いから本当の感情から逃げることが有ります。人は、その人のことを嫌いになるの...(続きを読む)

会話能力
会話能力相手と話す際、必ず相手の目を見て話さないといけない。というのは、ビジネスの基本常識のように思われている。悪いが、なぜ目を合わせなければならないのだろう?目を合わせたからと言って相手と仲良くなる必要はないのだし、ある程度は常に距離を取らないといけな...(続きを読む)

心理学とは
心理学とは、相手の心のなかを当てる学問ではない。それはそれを使うことで相手の心をカウンセリングしたり、相手の心に関してケアを行うためにある基礎的学問が心理学なのである。なので、世にあるブラック心理学というのは、実は心理学ではなく心理学を利用した技、心理術...(続きを読む)

人間
寂しい時、人はだれか自分以外の人が一緒にいて欲しいと思うものだ。だからこそ、人は一緒にいたいと思うのだろうけど、人がそう思っても、一匹狼のように絶対に心を開かない人もいる。人はだれかと一緒にいたい時があるのだけれど、一緒にいたいと思う感情を、乗り越えられ...(続きを読む)

ミニマム
ミニマム必要以外の者は最低限度にしたい。最低限度のほうが動くと気楽だし、さしてストレスなく過ごせるからだ。世ではミニマリストと言われる人が増えている。私はどっちかというと、人生をミニマムにしていっている人だ。生きる目的は人それぞれだ。永遠にその目的を目指...(続きを読む)

ストレスを一瞬で無くすには?
ストレス対抗能力。というのがある。これは、受けたストレスに対して、どのくらいそのストレスを減らし、そして時間が経てばなくなるという能力の総称である。つまり、ストレスに対して強い人間の能力である。さて、そういう人間がなぜ人よりもストレスに強いかというと、性...(続きを読む)




使えるものは利用しよう。



人であれ物であれ、使えるものを使ってこその知恵だ。
それをすることで楽はできる。




努力が必要ならば、
便利にしなければ成長できるだろう。
その人に何かしたいと思う感情は、
誰よりも素晴らしいものだ。

それをかなえられる力があればなお素晴らしいものだ。
人とは絶対的にそれを叶えたいと思い、
失敗するかどうかを永遠と試し続ける。


その感情は素晴らしいが、
それが他人の迷惑になってないかまでは考えておくべきだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:スポーツ選手は儲かりますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

これは結構大事なことですが、
正直儲かるかどうかにおいては、優勝数が多く強いのか、
それともアイドル性なのかで収益性と収益化出来るのかが決まってきます。




カッコいい、
かわいい、キレイ。


そんな人ならば優勝できなくても努力していることがいいという評価でCM出演などがあるかもしれませんし、
どうやっても勝つことが必須ならば、
もう優勝するために投資し続けて勝ち続けることが必要です。




いわゆる、
この違いで収益化の仕方が大きく違います。


ゴミを分別するように、
仕事とプライベートも分別しておくように使用。



シゴトもプライベートもどちらも大事だが、
分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。
どんなに強い者も、
最強すぎてはつまらないと気づくだろう。

戦える相手がいない世界はとてもつまらないものだし、
だからこそ成長や進化は戦える相手がいたほうがいいと思ってしまってそこで止まってしまう。



どれだけだろう。
自分よりも強いものがいないとわかってから、つまらない人生になったのは。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パートの必要性

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

パートタイムやアルバイトなどの、
不定期雇用労働者を雇う価値ってあると思うかい?



これは、
費用対価の面でありがたいんだ。
もちろん、
パートさんたちはそれでいいと思って働いてくれているし、悪い話ではないんだけど、
実は
賃金的には安いわけではないんだけど、
数がいるからシフトで調整しやすくできている。



なので、
時間調整が入る分のコストはかかるから低いようには見えるんだけど、
その分のマネーじメン費以外の部分においては、
シフトが組める分労働者の方にも利点があるんだ。





つまり、
空いた時間をもらえるなら、その分の労働対価はお支払いいたしますよ。
という、
ギブアンドテイク方式の儲け方がパート・アルバイトの利点なんだ。


なんであってもがむしゃらに食らいつけ。

戦っても戦っても負けても食らいつけ。
それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。



それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつけ。
なんとなくでいい。

たったそれだけで成功することもあれば失敗することもあるのだからさして問題ではない。
つまり、
普通と同じだからそれでもいいのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

細かいことを

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

経営とは、
細かいところまで手を抜かないことでようやく完遂できる。



細部まで手を抜かないでおかないと、
社員が問題を起こしても対策を打てなかったらどうしようもない。



最悪の場合辞めてもらうにも、
その事前にその人間の行動の理由を聞いて置かなければ真意が読めないし、
相手に信用されてないと真実さえも話してくれないだろう。



それくらいに、
人材管理やら何から何まで、
細部から作っておかないと、経営は成功できないのだ。


他人に対してゴマをする。

これを、
卑怯なことと言うが、
騙される方も悪いのだ。



相手がそうやって擦り寄ってきても、
相手しなければいいことだし、
世の中そんなに甘くはないのだから、当人同士の問題で済めば誰も被害に合わないで済むはずだ。

だから、
そうやって楽しくいられればみんなが幸せだ。
それが他人を巻き込むのであれば、
絶対にただじゃすまないんじゃないだろうか。


人は常に、誰かと楽しく生きたいものなのだから。
なんでもかんでも簡単に決めるな。


でも、
それでいいんじゃないの?

ミュージシャンになりたいとか、そう思ってもなれないでしょ?
じゃあ、
なれる人は才能があるのよ。




なれるかなれないかなんてどうでもいいのよ。
社会に出るっていうのは、
ルールや規則を守れれば、子供でも稼いでも誰も文句を言わないのよ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。