シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仕事の人間関係

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

通常の友達作りと違って、
職場での人間関係は最小限のふれあいでなければいけない。



その理由は、
職場とは、慣れ合いをする場所じゃないからだ。


一緒にいても絶対に仕事で話していてはならない時があるし、来客中は絶対にプライベートの話が禁止なのだから、
友だちが社内でできても、
話ができなければ楽しくないのだからプライベートにした方がいい。



それくらいに、
会社とは窮屈なものだ。
友だちができても問題ないと思うし、楽しく仕事したいと思うのは良いとは思う。



だが、
慣れ合いだけになって職務怠慢になるのは、
経営が傾くからこそ許してはならないのが会社というものなのだ。


どんな行動も仕事も、気合だろ。



どれだけ強くても精神が弱ければ戦えず、そして力がなければ精神も強くないのだ。

心とは人間の中で一番弱く弱点にもなりやすい部分だ。
本来の力を使うには、
どうしても精神力がいるのだ。
大きな枠組で言えば、
人間は自然の中に存在する一種族である。

だから動物たちは自分たちと同じ弱肉強食だと思い戦いに降りてくる。

一方人間は私達のテリトリーには入るなと、
動物たちを遠ざけようとする。
人間はそんなに偉いものなのだろうか。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女の経営術

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、
女性になると、
ワンマン経営は向いていない傾向に有る。



これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。
これは遺伝子的問題だけど、
どうしても男性は女性に勝ちたいって習性もあるから、
ふざけた態度や舐めた態度をとる男性たちが多いのが古来からの両性の性質にあるのは理解できるはずだ。



例えば男女逆転なんて言って草食系男子肉食系女子がいても、
最終的には考え方がそうなだけで男性はやっぱり肉食だ。


女性はどうしても筋肉や活動の範囲が男性よりも狭くなってしまう条件が多い。
差別ではなく、
ただ単に、
恐らくワンマン経営のスタイルは向いていないだろう。
少なくとも、現代ではまだ。


正義の味方なんて存在しない。




正義というのは振りかざすものではなく、行使出来るだけだ。


だからこそ、
正義は存在できる。
悪がない限りは正義はない。
だからこそ、
この世界は安定できる。
努力は続けることに意味がある。

その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。
続けていくことは困難だけど、
ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

会話能力

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

相手と話す際、
必ず相手の目を見て話さないといけない。


というのは、
ビジネスの基本常識のように思われている。





悪いが、
なぜ目を合わせなければならないのだろう?
目を合わせたからと言って相手と仲良くなる必要はないのだし、ある程度は常に距離を取らないといけない、


会話をする際は、
相手の目を見てと言うが、目を見て相手が信頼するかといえどそうでもない。
ここで重要なのは、
「相手の目を見ることがどういう意味を持っているのか」
ということだ。
人の目を見ることで、自分が信頼しているんだというのならば、
信頼している相手ほど、
目を見ないで話すとも言えるだろう。


努力は続けることに意味がある。

その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。
続けていくことは困難だけど、
ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。
どんなものにも勝てないくらいの輝きがあるのなら、
その才能を伸ばすべきだ。


誰にでもある才能も、
もしかしたら誰よりも強い能力かもしれないだろう?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今日のトレンドワード情報です!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

今日のトレンドワード情報です!
[2016/10/02]ハクレン水素生成器学力テスト 順位トマト味噌タレント 人気度アカマタブラック派光脱毛神無月第14節秋雨前線キンモクセイ秋本番ハロウィン仕様スタンディングオベーションシュウメイギク栗ご飯曼珠沙華小雨模様首位打者秋風夜長DIY古代エジプトアイヌクラムボン...(続きを読む)

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?
あるある笑今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑でも、それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。さらにいえば、其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、そもときまでギリギリまで苦し...(続きを読む)

夢の叶え方
夢を叶えるにはどうするのか。それは夢をかなえる方法が確実性がないといけないからだ。夢をかなえるとき、誰よりもそのことに熱中して大人になれば、その年の数分成長しているはずだ。だからその分その世界の厳しさをわかっているから夢だってかなえられる努力ができるだろ...(続きを読む)

覚悟
人は覚悟する。その覚悟が経営者には必要だ。覚悟の量が実力になり、そして人を支える力になる。折れようとも、その覚悟は折ってはならない。人間だから仕方ないことはある。どうしても人を恨むし嫌がるし、どうしても愛せない相手がいるのも当たり前だ。だからこそ、人を愛...(続きを読む)

Q:仕事はいくつ掛け持ちしているのですか?
ハッキリいいましょう。2016/10/20時点で80個近く掛け持ちしています。それは自宅でやっている業務で、他には本業が有ります。実は、私のブログはさしてそれ自体が職業ではなく、そのブログそれぞれが一部収益源化しているだけで、全部が他の職業とつながっています。なので...(続きを読む)

本日のトレンドワード情報です!
(2016/10/06)オートファジー台風18号台風通過シュウメイギク秋本番秋空栗ご飯雨風風の音コンバイン体育の日赤とんぼ夜長ハロウィーン秋祭り付与含有温帯低気圧ググるデバッグドル円機械学習奈良時代老子Google真冬人工知能無線LANYouTubeAmazon台風情報Googleマップ楽天DMMFa...(続きを読む)

覚悟
人は覚悟する。その覚悟が経営者には必要だ。覚悟の量が実力になり、そして人を支える力になる。折れようとも、その覚悟は折ってはならない。誰だって人を恨む。それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、絶対にそれは止めることはできない。人間なんてそんな...(続きを読む)

経営学は必要か?
ハッキリ言うと、意味があるけど絶対ではないと言うが答えである。絶対に経営で成功できるわけでもないし、その技術や実力は、経営者になって其の会社を支えられなければ全く意味が無いのである。学問というのは、基礎である。実技となる社会に出てからの行動は、その世界で...(続きを読む)




仕事も行動も、
感覚勝負だろう。



そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。

そして、
成功するもんだ。





人なんてもんは、
そうやって生きていってもいいではないか。
己の力の無さに気づいた時、
人は分不相応をわきまえなければならない。


圧倒的に強いのかなんて関係がない。


その力に見合った態度をし、
その力に見合った行動をしなければならない。





人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:頭が悪いと言われたことは有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

正直、
昔っからそうだったよ?



私は別に特段頭がいいわけではないし、そもそも頭が良くなるくらいに考える数を増やしているだけなの。




思考パターンだけは誰よりも優れていると自分でも思っているし、
頭自体がいいわけではない。


だけど、
それだけに強くなるにはどうしたらいいかと考えたら、
この方法しかないと思ったんだ。


水というものは一箇所に固まるものだ。


雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。
水は人と同じだ。
流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。
世界一強い。

そういうものには敵が多い。
そうじゃないものには敵が少ないが、それが多いことで逆に困らないこともある。


敵といるべきものなのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

神経質

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

人の行動に対してそんなに神経質になるなよという人がいる。



別にそれはそれでかまわないと思う。



人というのは其の個性が会社に活かされるかが重要であり、
サボる人間は一つのことに集中をしやすく、真面目な人間は毎日の積立で成果を安定供給できる。


それぞれの個性が活かされると、
会社組織はもっと大きく強くなる。


誰よりも先に。


親よりも家族よりも他人よりも先に。



人生の先輩よりも
人生よ後輩よりも先に。



ずっとずっと更に先に。
永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。
本当に強いものと戦うとき。

気づいた時には負けているなんてことがままある。
これが本当に強いものと弱いものの力の差かと思うくらい確実な差である。



相手のスピードに追いつけないのも理由ではあるが、
最も大きな原因は、
ただ単純にその人間の実力が圧倒的なのである。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

営業スマイルが必要な理由。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

例えば、
営業をする人間や商品を売りさばく人間の場合、
営業スマイルというものを基本的スキルとして教育されることが多い。

もしくは、
教育自体がされてない可能性が高い。




簡単な話、
営業するにしてもなんにしても、
相手先との取引方法において、他人に受け入れられやすいからこそ、営業スマイルは嘘でも見破られるなという教育があるところもある。




スマイルというのは相手に対して高印象を与える一番の方法だ。
これができなければ、
商売のプロとはいえないだろう。


無理したって無茶したって、
それは成功しないと永遠に意味のないものです。



何年働いても意味がなければお金にはなりませんよね?
ならば、
何年働くよりも、
無理をし続けるよりも、効率の良い努力をしたらいいと思いませんか?


人生って、
頑張ればいいってもんじゃないんですよ。
料理は調和だ。

その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。
人に対しても調和が大事である。
相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。



それこそが、調和である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

細かいことを

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

経営とは、
細かいところまで手を抜かないことでようやく完遂できる。



細部まで手を抜かないでおかないと、
社員が問題を起こしても対策を打てなかったらどうしようもない。



最悪の場合辞めてもらうにも、
その事前にその人間の行動の理由を聞いて置かなければ真意が読めないし、
相手に信用されてないと真実さえも話してくれないだろう。



それくらいに、
人材管理やら何から何まで、
細部から作っておかないと、経営は成功できないのだ。


仕事も行動も、
感覚勝負だろう。



そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。

そして、
成功するもんだ。





人なんてもんは、
そうやって生きていってもいいではないか。
人間の体は細胞の集まりで出来ている。


その細胞のようにして会社もできている。
人の世界はなにかしらのことに一部になることが一番効率が良い。



細胞とは、
増えるだけ強くなれるのだから。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「営子の誤算」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/08)



はい。


ついにやってしまいました笑




なんか思っていたのよりも収益の幅が低いみたいだ。
どうやらそれは、
私がやってしまっていた計算違いが理由のようだ。






どんなに技術が高くても、
計算にミスは絶対に起こる。
それが経営に響く前に止められるかが、経営者の技術なんだよね。


時間や場所。




それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。



人の世界は一度そこで起こったが最後、
二度と同じ環境はない。


それが、
この世界の絶対領域だ。
常に新しくあり続けよう。



そして、
常に最新であろう。
常に追い求めよう。





そうして前へ進んでいくのが、人間であり科学者である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「営子の誤算」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/08)



はい。


ついにやってしまいました笑




なんか思っていたのよりも収益の幅が低いみたいだ。
どうやらそれは、
私がやってしまっていた計算違いが理由のようだ。






どんなに技術が高くても、
計算にミスは絶対に起こる。
それが経営に響く前に止められるかが、経営者の技術なんだよね。


時間や場所。




それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。



人の世界は一度そこで起こったが最後、
二度と同じ環境はない。


それが、
この世界の絶対領域だ。
常に新しくあり続けよう。



そして、
常に最新であろう。
常に追い求めよう。





そうして前へ進んでいくのが、人間であり科学者である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

商談の際に気をつけておくこと

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もし、
どこかの相手に商談を持ち込む場合、
気をつけておかないといけないことがある。



それは、相手に対して敵意はないか。
そして、
心が落ち着いているかと、相手に対して確実に商談ができるかという自信である。





自信がない会話は成立しないし、
相手に対して余裕が無いと駆け引きできない。
そして、
相手に敵意がある商談など、どちらにせよ成立させてもらえないのだ。


心とは環境で変わる。

新しい環境ならば新しい気持ち、
いつもと同じなら安心してできるようになる。
そんな思いでブログを書いたらどうだろうか?

新しい気持ちで書くことで発見があるかもしれないだろう?
自分に従事るものを眷属という。



その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。


つまり、
その人間を信じて付き合うことである。





眷属というものは絶対的ではない。
だからこそ、
主従のよう主が強制的というわけではないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016/10./08のトレンドワード情報!!!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

体育の日
初冠雪
エゾビタキ
シュウメイギク
秋祭り
秋雨前線
秋空
スマートフォン
うつ病
ヒガンバナ
孔子
自閉症
SNS
円高
FTP
Google Maps
JavaScript
YouTube
Amazon
Googleマップ
楽天
DMM
Google
郵便番号
天気予報
Twitter
FC2
楽天市場
価格.com
バースデー
金銭感覚がわかる瞬間


行動や仕事にも、
精密さを求めるべきだ。



いくらでも行動するには途中からの回復が必要だし、回復には休息が必要だ。





必要以上はどこかしら、
絶対的な行動の計算にて成り立つものだ。
生きるのならば、できるだけ可能性を突き詰めて生きていたいものだ。



常に可能性というものはどの行動にもあって、
常に生きている人間たちに存在し続けているものだ。


この可能性、
最終手まで読めれば、それはそれで最高である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

絶対的経営法

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

この世界に、
絶対的に成功する経営法など存在しない。




チャラチャラしている人でも成功することはあるし、適当に仕事をしていることがそもそも成功する秘訣の経営者もいる。



だが、
最終的に考えていることというのは同じなのだ。


破天荒でもチャランポランでも、
みんな経営をすることに対してひたむきに考えてその人間で生きているのだ。


運も強さの一つだ。



誰よりも運が良ければそれはその人の個性の一つだ。


仕事なんて言うのは、
運でもある。
実力と計算、そして運だ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

絶対的経営法

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

この世界に、
絶対的に成功する経営法など存在しない。




チャラチャラしている人でも成功することはあるし、適当に仕事をしていることがそもそも成功する秘訣の経営者もいる。



だが、
最終的に考えていることというのは同じなのだ。


破天荒でもチャランポランでも、
みんな経営をすることに対してひたむきに考えてその人間で生きているのだ。


運も強さの一つだ。



誰よりも運が良ければそれはその人の個性の一つだ。


仕事なんて言うのは、
運でもある。
実力と計算、そして運だ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:本は読みますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

実際、
あんまり読みません。


それは、今現在読んで必要な情報源になる本がないからです。





私は本を読む時、
一日に100冊位読みます。



なので、
読書をすることがなくなるくらいに情報収集できますので、
さらに本の内容を完全に記憶するためにパラパラめくることで画像として本の文章を認識し睡眠時に文章の内容を情報として頭に流し込む
「画像認識記憶法」
というものを自分で研究して開発しています。



なので、
内容やそれに近い本がありそうであれば読みますが、
一度に100冊読めれば、
その情報量は5ヶ月か6ヶ月は目新しい情報は世の中の本に存在しなくなります。


なので、あまり最近は本を読みません。


例えば、
超能力が使えるとして、あなたは使ってみたいだろうか?




正直言えば、
特殊な能力ならばそれだけに暴走を止める力が必要だ。

だからこそ、
力とは、制御しなければならないのだ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

店の評判を得る

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

店の評判を得る
例えば、その店がどれだけ汚くても、人が来たくなる理由がある。其の店が老舗とか、味が良いとか、そういう他にはないほどのウリ文句があることがその店の良さにつながる。商売とは、嫌われたら終わりである。それがもし、絶対に必要な相手であれば、一生の仕事は戻ってこな...(続きを読む)

2016/11/21
セリフ 語源ダライ 意味こじらせ女子しし座流星群 2016脱毛方法肌細胞ボジョレーヌーボー低額イチョウ並木勤労感謝の日いちょう渋柿秋色枯れ葉ナメコ収穫祭スマートフォントークショーGmailマムシDIYオレンジピールカモシカボードゲーム新暦人工知能積分YouTubeAmazonGoogle...(続きを読む)




思いがすれ違うことがある。


だが、
そのスレ違いとは、相手を理解しなかった時だからこそ大きい。




少し歩み寄りがずれただけで、
人は相手との歩調がずれる。

それこそが、
本当のすれ違いだ。
守っているものといえば、
影のようなものに思える。



常に一緒にいて、
常に動いているときも友にいる。






そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。