シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク


鬼に金棒というが、鬼に金棒をもたせる時点でもう人間など勝てないのだろう。だからこそ強いものに対して絶対に真正面から戦ってはならないし、確実に潰されれば100%勝負にならなくて、卑怯なタイミングで勝利を得ようとするのだろう。人なんて、勝てなければ情けないも...(続きを読む)

確実な人生
確実な人生夢を持つよりも現実的な方がいい。生き方も、希望や活路を見出すよりも、確実に一歩一歩行動を進めたほうがどっちにせよ夢は叶う。子供はいつも夢を見る。大人はいつまで、夢を見た子供でいるのだろうか?物事に意味などない。決して常に意味がある行動などなく、...(続きを読む)

リバウンドをしないために
リバウンドをしてしまう理由は、急に痩せたからってすぐに運動を辞めることだからである。そもそもダイエットとはそれくらいに継続で効果がある代わりに、しなければ怠惰にすぐなる。痩せたからと言って一時的に運動を止めたら、元に戻るのは当然なのだ。いつでも冷静に計算...(続きを読む)

完璧
完璧完璧な女性や男性は服装も完璧だ。常に完璧な人はかならず外に出るときは絶対に服を妥協して行動はしない。絶対的に完璧な状況などないのだから、当然服装も完璧ではないことにはならないのだ。常に常に最強である。勝つために遠慮せず、常に邁進すべきである。可能性は...(続きを読む)

リバウンドをしないために
リバウンドをしてしまう理由は、急に痩せたからってすぐに運動を辞めることだからである。そもそもダイエットとはそれくらいに継続で効果がある代わりに、しなければ怠惰にすぐなる。痩せたからと言って一時的に運動を止めたら、元に戻るのは当然なのだ。金属などのアレルギ...(続きを読む)

規律
絶対的規律があっても、其の規律を守り講師する側が問題ではいけない。その生き方人生にも、それを構成する物質あり。そして、其の人生にも、他の人生あり。なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当なほど...(続きを読む)

栄養は必要か?
これはよくあるんですけど、食べたらすぐに吐くというダイエット方法をしている方も多いと思います。ですが、このダイエット方法、意外と効果が無いです。なにせ、体に入った以上、消化は進みますし、逆にその途中のものを下せば、胃液が逆流して食道を傷つけてしまいます。...(続きを読む)

トレンドワード情報です♪
トレンドワード情報です♪(2016/10/03のトレンドワード情報!)ハクレン水素生成器学力テスト 順位トマト味噌アカマタ一括査定サイト運動会日和台風18号神無月日照不足ハロウィン仕様台風対策栗ご飯キバナコスモス台風前秋祭りFacebookライトノベル囲碁統合失調症カルパッチ...(続きを読む)

努力
努力は続けることに意味がある。その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。続けていくことは困難だけど、ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。前へとにかく進む。生きる必要なんて関係なく進む。ずーっと進むその先に、楽しみがあると思うだけでワクワク...(続きを読む)

燃焼効率の問題
ダイエットをする上で、燃焼効率というのを念頭に置くとダイエットの成功率は上がる。例えば、無酸素運動のように体の筋肉を傷つけるだけで短時間で筋肉を作れる方法は、体内の脂肪を燃やさないという効能が強いが、ウォーキングやサイクリングなどの長時間の消費を続ける行...(続きを読む)




もし、
絶対に強いと思うのであれば、

自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞くと本物かどうか分かる。




どうしても強くなると、
相手に対して軽んじる発言をするようになり、
勝てるとか思っていたら負けてしまうことがある。



だが、
本当に強い人間は、
自分より強いものに対して絶対的恐怖心がある。
100%でも勝てないと思ったことがあるか聞いた時、強い人間は、「ある」と即答できる。



それくらいに、
恐怖に打ち勝てなければ、100%を超えた戦いをして相手を倒すことができないからだ。
戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。

これに得を求めてはならない。
やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

店の評判を得る

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

例えば、
その店がどれだけ汚くても、人が来たくなる理由がある。



其の店が老舗とか、
味が良いとか、
そういう他にはないほどのウリ文句があることがその店の良さにつながる。




商売とは、
嫌われたら終わりである。


それがもし、
絶対に必要な相手であれば、一生の仕事は戻ってこないと思ったほうが良いだろう。


人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。

別にそれ以上いけないわけではないが、
通常の人間の生き方では限界が有るようだ。


今では無限に生きる理論も確立されているらしい。
それくらいに、
人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。
物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。

いわゆるタスク処理と同じだが、
駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。


駒というのはなるべく持っておくべきだ。
この駒がなければ、
絶対に戦えない的とも戦えるのだから便利だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

時は金なり

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

世の中には、
時間がカネになると思う人間がいるが、
それはヒドく正しいことだ。




一瞬一秒も無駄にせず仕事をすれば、それだけ仕事を回すことは造作なく出来る。




人というのは、
無駄がいっぱいある。
その無駄がなくなることは、人間にとって無限の時間を得るということなのだ。


驚くことに体力を使うのか?



人というのは、
どんな動作にも筋肉が反応するため、どうしても体力を動作によって消耗してしまいます。



まあそれくらいに、
人というのはどんなことにあっても疲れる生物だということでしょう。
絶対的に手の届かない世界がある。


宇宙にはその価値がある。
何もない世界だけど、
そこにはなにかがあるし、夢を求めてロケットを打ち上げる人もいる。





その夢がある世界に、魅了されてみないだろうか。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あるある笑



今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑




でも、
それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。
さらにいえば、
其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、
そもときまでギリギリまで苦しんでみようと思っている。




今のひもじい思いが将来の私の仕事の糧になると考えたら、
生産性がある状況なのじゃないかしら。


名言とは思いつくものか?

否、
それはその人の生き様で出廬するものである。
いつでも緊急事態を予測しておこう。



そのために保存して置かなければいけない耐力を温存し、
絶対的勝負のときに全力以上を出せるよう備えておこう。




そうすることで、
人生はもっと豊かになる。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

金銭感覚

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

経営者にしろ労働者にしろ、
金銭に対しての感覚が敏感で鋭敏なほうが有利である。




どれだけ労働しようとも、
節制できなければ労働の服を買えない。
変えなければ変わらずテンションや気持ちも新調できない。




お金というのは、
その人間を支えるものであって、最終的にそれを持つことで活かせるのかが重要なのだ。


誰よりも先に。


親よりも家族よりも他人よりも先に。



人生の先輩よりも
人生よ後輩よりも先に。



ずっとずっと更に先に。
永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。
規則とは守るものだ。

永遠に守らなければならないのではなく、
それらは進化していくものだ。
永遠に変化しない規則やルールはなく、
それがないことすなわち、
進化しないということである。


永遠に進化しないのであれば、人間は成長しないだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

細かいことを

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

経営とは、
細かいところまで手を抜かないことでようやく完遂できる。



細部まで手を抜かないでおかないと、
社員が問題を起こしても対策を打てなかったらどうしようもない。



最悪の場合辞めてもらうにも、
その事前にその人間の行動の理由を聞いて置かなければ真意が読めないし、
相手に信用されてないと真実さえも話してくれないだろう。



それくらいに、
人材管理やら何から何まで、
細部から作っておかないと、経営は成功できないのだ。


現代には過去がある。


過去があるからみんな生きている。


それがなければいないわけでもないだろうが、現代の社会の仕組みはその歴史のおかげて培われている。
時代とは、
人の現在の姿だ。
人を助けるのに理由なんていらない。


助けたいから助けるのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:仕事で絶対に成功する方法はありますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あると思うよ?



でも、
人それぞれで違うと思う。



だから私の場合だけで説明するんだけど、
私の場合、
絶対に生きる上で守らなければいけないルールを決めている。


これを破ったら仕事で成功できないし、運も良くならないと思う条件はすぐに足していって、
多分ざっと考えてみると1億パターンルールが有る。




まあ、
そもそもこの世界というのはどこへ言っても法律があるから、
人間として意味が無いことは特に規制しておくべきだし、
そうしておけば、
そのルールを破らなければ自由だし。




こういうように、
仕事ができる人には何かしら守っている行動があるじゃないかしら。



色んな人の仕事法を聞いたりするし、
ネットで偉人の仕事論をよく目にしているけど、みんな条件を何かしら守って行動している人が成功している。

つまり、
通常の法律や規則を守るだけではなく、
自分にとって必要不可欠なルールを作ることでなにかしら自分のしたいことを叶えているのではないでしょうか。


どちらが強かろうが弱かろうが、
それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。




誰よりも強くても別に特別扱いはなく、
弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。


だからこそ、
差別するのは良くない。
何事も、
平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。
健康は管理しているか?



体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。


人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。
それが、
本当の満足である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

金稼ぎはステータスだ。


私が私である根源は何か。



私が私として生きているからか?
私が誰かに私として理解してもらっているからか?


いや、
違う。



私がまだ生きているからだ。
戦う覚悟があるか。



上に立ち向かう気持ちは常にあるか?


絶望というのは好奇心と同じだ。
故に、
戦えるかが勝負である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:経営ができると何が出来るんですか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

正直言うと、
なんでもできます笑




なんでもって言うと無限にって思うと思うんですけど、
それは違います。
向上し続けるので無制限には増えますが、人間である以上その領域を突破するのは不可能なのです。



仕事に関してもそうですが、
プライベートにおいても、
どのことをしたら無駄なのか。
お金の使い方を理解できるため、ガソリン代から何から何まで細かく計算できる。
料理においても材料の使い方など知識の柄方もシンプルなので上手く出来るようになる。


など、
大抵のことは出来るようになります。




もし、
できなくなるとすると、
悪いことはできなくなりますね笑
なので、
経営学を学んでいると、
「社会的に地位の欠落によりどんな不利益が起こるか。」
とか、
そういう常識というのも計算できるようになります。
これは子供なら子供ほど学んでおいたほうがいいです。
そうすると、
将来悪いことをしちゃいけないとか、
子供の時から吸収率の良い状態で学べるとか、そういう当たり前のことを理解してくれるようになります笑


無理したって無茶したって、
それは成功しないと永遠に意味のないものです。



何年働いても意味がなければお金にはなりませんよね?
ならば、
何年働くよりも、
無理をし続けるよりも、効率の良い努力をしたらいいと思いませんか?


人生って、
頑張ればいいってもんじゃないんですよ。
ブロガーならば
「ライティングスキル」ではあるが、
本気でその世界で生きるならばその世界の専門スキルを磨いて置かなければならないだろう。

それくらいに業界人とは難しい。
ラッキーパンチで生きられるのは少数、さらにその小数も時間が経つたび差が歴然と出てくる。
これが「洗礼」だ。
舐めて生きていければどの世界も常識が通じない。
常識とは、
「生きると覚悟したその世界でのみ通じることもある」
のだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

調理酒

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

調理酒
料理をする際に、調理酒は使うだろうか?俗にいうフランベもそうだが、調理に酒類は意外と入用だ。逆にそれを入れないといけない料理もあるし、なければそれでいいと思っても本物の下はごまかせない。ただ、アルコールが飛んでいないと大変なことになるから、本物の料理は夜...(続きを読む)

下茹で
料理において、下ごしらえは重要だ。例えば、野菜は基本的に生でいい場合と下茹でしないと苦味が強かったりする場合があるが、これは下茹でを怠ると味にあくが強くなって料理をどれだけはしょっても意味が無いものなのだ。料理というのはこの下ごしらえが、重要なのである。...(続きを読む)

完璧を望むな。
完璧を望むな。世の中に完璧なことなどない。そんなの当たり前に知っているはずだ。人間は酸素をしなくては生きていけないし、無重力空間では死んでしまうのは誰もが知っている。事実、できないことなど個人的にも山ほどある。あーしたいこーしたいと思っていることがかなわ...(続きを読む)


みなさまは骨を言うのをダシを取るものだけのと思っていませんか?実は、それは間違っています。牛骨などの骨は、漢方などの薬品としても使われますし、鶏の骨はそもそもその用途に使われる中でスープにしてもいいということで、薬膳鍋などに使われていました。それくらいに...(続きを読む)

ランチ
ランチの価格は毎日設定されていますか?ランチについて、500円のワンコインで食べる人もいれば、1000円払ってでも美味しいものを食べたいっていう人もいます。ランチというのは仕事の合間の活力の補給です。だからこそ落ち着きいて食事したのですから、落ち着けない場所で食...(続きを読む)

包丁
料理において、包丁などの調理道具は大切なものだ。切れ味だけではなく、それに対する慣れや共感、そして其の人とともにあったという自身は、その人の料理人生を映す。だからこそ、手入れを怠るのは、料理人として恥でもあるのだ。負けるが勝ち。逃げるが勝ち。ずーっと逃げ...(続きを読む)

家飲み
外で飲むよりも、グループで楽しくダベれる家飲みはとても楽しくていいものだ。その楽しむ環境は、逆に仲がいい人々と閉鎖的環境だからこそ楽しい。そこにアルコールがあればなお楽しいだろう。命というのは儚いものだ。生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。そ...(続きを読む)


みなさまは骨を言うのをダシを取るものだけのと思っていませんか?実は、それは間違っています。牛骨などの骨は、漢方などの薬品としても使われますし、鶏の骨はそもそもその用途に使われる中でスープにしてもいいということで、薬膳鍋などに使われていました。それくらいに...(続きを読む)




行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。


それは仕事だけではなく、
プライベートも全てだ。



後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。
どちらが強かろうが弱かろうが、
それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。




誰よりも強くても別に特別扱いはなく、
弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。


だからこそ、
差別するのは良くない。
何事も、
平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

距離感

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

仕事で誰かと一緒に仕事をする場合、
その仲良くする度合いはどのくらいがいいのだろうか?




一つだけ質問だ。

絶対的なほど仲が良ければ、
仕事が捗ると思っていないだろうか。




そんなわけがない。
相手と話しやすくなってしまうと相手と仕事中にも話したくなるはずだ。
さらに、
仕事中までプライベート感満載で楽しまれたら、
正直言ってそれを聞いていながら仕事をしたいと誰も思わない。




仕事っていうのは、
絶対に仲良くなりすぎてはならないのだ。


その事柄に対して戦うことは大切なことだ。


大切なことは逃げることができないという意味でもある。
戦い続けることに意味がないのと同じように、
戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。
個人的にあなたとはいっしょにいたい。


例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、
そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。


その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、
その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づかないことが多い。


それくらいに、
人なんて理解できることがないのも、人間関係の醍醐味だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。