シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

トレンドワード情報!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/01のトレンドワード情報です!)


ハクレン
頭取 由来
水素生成器
学力テスト 順位
タレント 人気度
ブラック派
バストアップサプリメント
神無月
光脱毛
秋雨前線
日照不足
キンモクセイ
秋本番
天秤座
曼珠沙華
渋皮
衣替え
体育の日
キバナコスモス
初冠雪
GDP
ガーデニング
福井県
2015年
臨機応変
支部
コンプライアンス
サイコパス
ブルーライト
外資
月下美人
Gmail
BOT
円安
ヨモギ
ライトノベル
YouTube
Amazon
Googleマップ
楽天
DMM
Google
台風情報
郵便番号
天気予報
Twitter
楽天市場
10月1日



まともに認められないことは悲しいものだ。


認められることに何かを感じるよりも、
認められることそのものが嬉しいと思うものだ。



私はだから思うのだ。
認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。
守っているものといえば、
影のようなものに思える。



常に一緒にいて、
常に動いているときも友にいる。






そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

経営者の心構え。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もともと、
経営者というのは何かしらの事業をしていて、
その事業のトップだということである。




なので、
会社が不祥事を起こしたら、
即刻誠心誠意謝らなければならないのである。




社員である身内の悪いこともいいことも、
把握しておくのがコツである。


太陽は絶対に次の日に登る。



雲で覆われて見えなくても、
絶対に太陽は地球に光を灯す。





その光の大切さを、忘れてはいけないのだ。
世界各地を回る。

それは新しい出会いがあるかもしれないし、
新しい苦労があるかもしれない。


でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。
新しい世界で人は何を見るのか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

美学

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

生き方に美学はあるか?



こうすることが美徳とか、カッコよさをプライドと思えているだろうか?


自分自身にとってそれが絶対に必要だと思うことに対して、
プライドを持つことはいいことだよ。


立ち向かい相手の強さに対策を打っておこう。


その対策にはさらに対策が必要かもしれないが、まずは一つ練っておこう。





それだけでも十分相手との差が縮まるはずだ。
力の差というのは、案外脆いものだ。
人生にある時間は限られている。



その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。






いつまでもゆったりとはしていられないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:本は読みますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

実際、
あんまり読みません。


それは、今現在読んで必要な情報源になる本がないからです。





私は本を読む時、
一日に100冊位読みます。



なので、
読書をすることがなくなるくらいに情報収集できますので、
さらに本の内容を完全に記憶するためにパラパラめくることで画像として本の文章を認識し睡眠時に文章の内容を情報として頭に流し込む
「画像認識記憶法」
というものを自分で研究して開発しています。



なので、
内容やそれに近い本がありそうであれば読みますが、
一度に100冊読めれば、
その情報量は5ヶ月か6ヶ月は目新しい情報は世の中の本に存在しなくなります。


なので、あまり最近は本を読みません。


失敗しても凹んでも、
また立ち上がって成功するといい。


でもね、
ただ成功しただけであれば、
失敗の恐怖も知らないし、絶対に人生は何かしら失敗するから、
立ち上がるのに苦労する。





失敗も立ち上がる強ささえあればまた立ち上がれる。
そうやって、
成功者は前に進んでいるんだ。
相手になにか言われることがあって、

相手に遠慮する必要はない。
なにせそれはあっているのだから相手は言うのだ。



だからこそ相手は絶対的に調子ののってもたいしてなんとも言えない。
まさに、
完全勝利だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

挨拶の効果

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

朝会社に来たときに挨拶をする、
それだけで状況が変わるが、問題は、その状況がどうしようもないときもあるということだ。



みんな何か問題があってイライラしているかもしれない。



そんな時、
一つだけ方法がある。




朝入るときに、
一瞬だけでも挨拶を遅らせてみたらどうだろうか?
相手が挨拶をしてきたら、
絶対に相手は機嫌が悪くないだろうし、逆にもし機嫌が悪くても、挨拶してくるということは最低限度イラつくということはないだろう。


圧倒的に強くても、
圧倒的に勝てることはない。


圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。




すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。

それくらいに、
強くなっても休まることはないものだ。
どんな仕事でも物事でも、
効果が抜群に発することがままある。



その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。





そのラッキーパンチを、
自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

時は金なり

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

世の中には、
時間がカネになると思う人間がいるが、
それはヒドく正しいことだ。




一瞬一秒も無駄にせず仕事をすれば、それだけ仕事を回すことは造作なく出来る。




人というのは、
無駄がいっぱいある。
その無駄がなくなることは、人間にとって無限の時間を得るということなのだ。


世界一強い。

そういうものには敵が多い。
そうじゃないものには敵が少ないが、それが多いことで逆に困らないこともある。


敵といるべきものなのだ。
私が私である根源は何か。



私が私として生きているからか?
私が誰かに私として理解してもらっているからか?


いや、
違う。



私がまだ生きているからだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:本は読みますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

実際、
あんまり読みません。


それは、今現在読んで必要な情報源になる本がないからです。





私は本を読む時、
一日に100冊位読みます。



なので、
読書をすることがなくなるくらいに情報収集できますので、
さらに本の内容を完全に記憶するためにパラパラめくることで画像として本の文章を認識し睡眠時に文章の内容を情報として頭に流し込む
「画像認識記憶法」
というものを自分で研究して開発しています。



なので、
内容やそれに近い本がありそうであれば読みますが、
一度に100冊読めれば、
その情報量は5ヶ月か6ヶ月は目新しい情報は世の中の本に存在しなくなります。


なので、あまり最近は本を読みません。


カッコつけるな。



そんなに立派な人間じゃないだろう。

そう思えば思うほど、
強さを誇ることがいかに困難か思い知らされる。



だからこそ、
カッコつけるのは本当に強くなってからだ。
どんな作業においても、
精密さは軍を抜いて必要になる。



なぜなら、
ハードにこなすにも丁寧にこなすにも、
最低限度の精密さは維持しなくてはいけないため、雑じゃなければないほど、どちらの作業も早くなる。


仕事とは、
慣れだけでは言い表せないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「簡単な話だね」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/19)




正直言って世の中の経営者というのは仕事とは実力でできていると思ってはいないだろうか。


でも、
別に実力だけで相手から仕事を取れる可能性は決して高くなく、
その時相手先の気分が良かっただけで仕事を取れることもある。





簡単に言うと、
相手が怒っているときに商談をするのは非常に困難なんだ。
運も実力の内なんだけど、
みなさんはどうやって仕事を回しているのかな。


記事を書くのはスピード勝負だ。

早くかけないと記憶が続かないし、
思考回路を回すだけ記事の数は減る。
アイデアとは思いつきだ。

その一瞬のひらめきを忘れてはならないのだ。
仲が悪い相手は誰にでもいる。



だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
人間はそんなによくできていないから、
頑張らなくても別にいいのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「開始した中二病ブログ」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

「開始した中二病ブログ」
さてさて。ついに発症した、いや、発生した新しいブログですが、もうタイトルを見たら変わりますよね笑このブログはそう、中二病記事専門ブログです。正直30歳でも中二病真っ只中の人間が書くブログなので、完全に頭おかしいと思われるかもしれませんが、楽しそうなのではじ...(続きを読む)




使えるものは何でも使う。
だが、
使えないのならば迷わず捨てる。

それくらいに人というのはシンプルになれる。

シンプルになれないのならば、
それはまだ二流なのだ。
なんであってもがむしゃらに食らいつけ。

戦っても戦っても負けても食らいつけ。
それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。



それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつけ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今日のトレンドワード情報です!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

[2016/10/02]





ハクレン
水素生成器
学力テスト 順位
トマト味噌
タレント 人気度
アカマタ
ブラック派
光脱毛
神無月
第14節
秋雨前線
キンモクセイ
秋本番
ハロウィン仕様
スタンディングオベーション
シュウメイギク
栗ご飯
曼珠沙華
小雨模様
首位打者
秋風
夜長
DIY
古代エジプト
アイヌ
クラムボン
コーギー
チャップリン
ハンガリー
ヒガンバナ
メカブ
愛媛県
映画の日
初音ミク
団塊の世代
地球温暖化
労働組合
スマートフォン
夏目漱石
特別価格
日本国憲法
パラリンピック
YouTube
Amazon
Googleマップ
楽天
DMM
Google
Facebook
台風情報
郵便番号
天気予報
Twitter
クックパッド
楽天市場
価格.com
Jリーグ
心身症
金銭感覚がわかる瞬間


行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。


それは仕事だけではなく、
プライベートも全てだ。



後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。
最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





全力以上。
限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

細かいことを

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

経営とは、
細かいところまで手を抜かないことでようやく完遂できる。



細部まで手を抜かないでおかないと、
社員が問題を起こしても対策を打てなかったらどうしようもない。



最悪の場合辞めてもらうにも、
その事前にその人間の行動の理由を聞いて置かなければ真意が読めないし、
相手に信用されてないと真実さえも話してくれないだろう。



それくらいに、
人材管理やら何から何まで、
細部から作っておかないと、経営は成功できないのだ。


正義と悪は共存している。

その相性は非常によく、
それが性善説と性悪説の差でよくわかる。


どうやったって、
相性が良いから考え方が違う関係性は一緒にいるだけで違う会話ができるから議論を永遠に続けられる。
人というのは、
数限りなく仲違いして共存している。
誰だって人を恨む。


それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、
絶対にそれは止めることはできない。



人間なんてそんなものだ。
決して立派なものではない。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

来たい店、来たくない店。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

どんな企業でも個人商店でも、
絶対にお客様がいる。




それは企業を相手に商談する商社でも、相手企業がお客様だからだ。




一つだけ言っておきたいことがある。

来たい店になるのであれば、
お客様に絶対的に敬意を表すべきだ。




お客様に来てほしくないのであれば、
絶対にお客様に笑顔を向けないべきだ。


命というのは儚いものだ。

生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
それをブログに綴ることが、
命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。
常識と戦え。


常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。




そしてそしてまたまた繰り返すことだ。

同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。

それくらいに、
人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。