シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

成功論

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

物事に成功する人は、
何かしらの関係で成功する理由を知っている。



探偵もそれに近いが、
推理するために情報と同じように、経営者や成功者はなにかしらのヒントになる対象物がある。




例えばサプリメントであればどの成分が珍しくそして既存のものよりも優れていることを発見できればもう商品を確保できるようになるだろうし、
それができないからこそ様々な健康食品メーカーはこぞってライセンスを取ろうとするだろう。


それくらいに、
ヒントを見つけると先を見通しやすいものだ。


その日少しでも前に勧めたという実感は、
その人の未来を絶対的に明るくする理由になるだろう。


前へ進むことが大事なのは、
その未来に対して絶対的に大切なことを決めるのに必要だからだ。
人間だから仕方ないことはある。

どうしても人を恨むし嫌がるし、
どうしても愛せない相手がいるのも当たり前だ。
だからこそ、
人を愛すことをやめてはいけないのだ。



人を愛すことだけが、そのネガティブな感情を唯一打破できる事柄なのではないだろうか。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:頭が悪いと言われたことは有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

正直、
昔っからそうだったよ?



私は別に特段頭がいいわけではないし、そもそも頭が良くなるくらいに考える数を増やしているだけなの。




思考パターンだけは誰よりも優れていると自分でも思っているし、
頭自体がいいわけではない。


だけど、
それだけに強くなるにはどうしたらいいかと考えたら、
この方法しかないと思ったんだ。


その人生に後悔するだろうか?




誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?

人というのは
誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。






人というのは、
絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。
回復力は必要だ。




どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。



だが、
もしそういうことがなかったら。
もちろん、
回復できずにクオリティは落ちるだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

商売は成功すれば良い

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

商売はできた分だけ儲けられる、
いわば成果報酬型の労働だ。




どんな仕事も、
楽をしてもそれをするには理由があって儲けているのである。
そして、
それをしなければ儲けられないのだから、
その方法を使って儲けるのであって、それらのものが成果を作っていかなければならないのだから、
成果報酬型の仕事なのである。


つまり、
それだけのことを考えるのに時間を要しているのか、
それだけのことをこなすために試行錯誤して人を雇っているのかが違うのである。



だからこそ、
それをこなせる理由がいるのだ。
だからこそ、仕事にはそれがないといけないのだから人を利用すると失敗するのである。



だからこそ、
商売は成功しなければただの失敗である。


一人称をボクということ。




もし、
それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。



そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。


問題は、
その人がその人をどう扱うかである。
言葉は交渉手段である。
そして、
相手をどうするかは、
決断することである。
仕事も行動も、
感覚勝負だろう。



そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。

そして、
成功するもんだ。





人なんてもんは、
そうやって生きていってもいいではないか。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

矜持

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

人には稼ぐための矜持というものを持っているものだけど、
ボクの場合は、
「遊べなければお金稼ぎではない」
ということだ。


お金稼ぎはゲームではないという人がいるけど、
そもそも、
ゲームじゃないというのは誰が決めたんだい?

遊んで悪いのならばカジノも公営ギャンブルもないだろう?
それくらいにお金稼ぎをゲームだと思うことは悪いことではないはずだ。


回復力は必要だ。




どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。



だが、
もしそういうことがなかったら。
もちろん、
回復できずにクオリティは落ちるだろう。
戦う覚悟があるか。



上に立ち向かう気持ちは常にあるか?


絶望というのは好奇心と同じだ。
故に、
戦えるかが勝負である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あるある笑



今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑




でも、
それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。
さらにいえば、
其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、
そもときまでギリギリまで苦しんでみようと思っている。




今のひもじい思いが将来の私の仕事の糧になると考えたら、
生産性がある状況なのじゃないかしら。


永遠につづく人生ではない。


どこかで終了、
どこかで限りがある。



その人生を、
送る方法を模索するのが、成長というものだ。
情報を守るということは大切だ。

例えば家族がいる時子供がピンチな時、
どうにもできないような自体があっては困るために親は全力で子供を守る。


その前準備として誰にも話さないことを設けている場合もある。
人間、
どんな情報もあまり他人に話すべきではない。
それが重要な情報だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フランチャイズか独立店舗か。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

よくあるコンビニなどの店舗が日本の各地で同じ名称で経つのには、
フランチャイズ方式という本社にリベート、つまりマージンの看板料を渡す代わりに、儲けの一部を受け取れるしその店の屋号を獲得できる仕組みだ。



これとは別に、
インフラと潤沢な設備がない状態で個人でそういう店や職業を営むことを、
独立店舗型経営という。





簡単な話、
伊達に知名度があるのがその店の各地に幾つもあるフランチャイズ経営方式じゃないのだ。


個人店舗と違って、
それらは各地に密接につながりがあり、
その店の系列向上からしっかりと商品を安定供給させてくれる。
そして、
並べたい商品も、個人で契約しなくて言い分、
看板料が発生するのである。





どちらが楽だろうか?
正直言おう、
やり方次第でどうにでもなるのだ。


ただ、
個人ならばその店のプライド曲げてでも営業がいるし、
職人気質なんてことはそもそもできないからお金儲けだ。



フランチャイズならば、
そもそもそういうプライドがなくて言い分、個人の自由範囲を作ることができるし、
安定的である分、
みんなが差し迫る恐怖を個人店舗よりも感じなくて済むだろう。






そういう得意分野の差が、
個人店とフランチャイズ店舗にはあるだけである。


健康は管理しているか?



体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。


人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。
それが、
本当の満足である。
これだけでいい。




生きるのにこれだけでいいと思うようなことがあるだろうか?


例えば無人島に流れ着いたらというと、
人それぞれで必需品がちがうというけど、
必需品にさえもある程度の許容条件がある。




簡単に言うと、
何もない世界に持っていけるものは、命と体しかないものだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

金稼ぎはステータスだ。


全力投球せよ。

立ち向かい続けることで超えられる壁もある。

越えられないのならばその壁に対して実力が足らないこともわかるのだから利益もある。
だからこそ
壁を超えるために力をつけて、
また戦ってみればいいのではないだろうか。
己の力だけで、
他人に頼らずそれで食っていける技術を持つものを、
プロという。




人とはなにかしら真似出来てそれをすれば強くなれると思うのだけど、
それは大きな間違いなのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

痩せるために必要な筋肉

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

痩せるために必要な筋肉
もし、あなたが痩せる場合、一番に何が必要だと思うだろうか?道具だろうか?意志だろうか?実は、筋肉だ。なぜかというと、筋肉とは存在するだけで代謝を上げるため、鍛えれば鍛えるほど痩せるスピードが上がる。断食などと違い、この筋肉により痩せるというのは、体の栄養...(続きを読む)

利用
使えるものは利用しよう。人であれ物であれ、使えるものを使ってこその知恵だ。それをすることで楽はできる。努力が必要ならば、便利にしなければ成長できるだろう。世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分...(続きを読む)

(2016/10/12)
(2016/10/12)体育の日シュウメイギクうろこ雲初冠雪長雨連休明け寒暖差夜長秋祭り冬支度円安地球温暖化うつ病円高自閉症コスモス水草抑うつYouTubeamazon.co.jpAmazonGoogleマップ楽天DMMGoogleTwitter楽天市場サッカー金銭感覚がわかる瞬間料理は調和だ。その料理にあった器...(続きを読む)

人柄
人のことを語る上で、人柄を話すのは理由がある。人柄というのは、その人の人格である。それを聞いた他人は、すぐに「スゴい人なんだな」とか「いい人生だな」なんて思ったりもする。人の人生なんて、他人が決めることだ。その噂や情報や、他人から他人に伝わるものだから。...(続きを読む)

食べなくすると起こること
ものを食べないと、どうなるのか?修行僧には断食という修行方法がある。その断食によると、限界まで食物を摂らなくと幻覚が起こり、そして最終的に何か食物を摂ろうととにかく一心不乱に行動するようになるらしい。食物を軽く摂らないだけというのも、それくらいに毎回スト...(続きを読む)

備える
備えるいくらでも進むべき道。本気で進み続け続ける。人生は前へ進むことだ。進まなければ幸せになれない。それが、人が本気になる理由である。圧倒的に強くても、圧倒的に勝てることはない。圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。すぐにその力には対策が打たれる...(続きを読む)

過労
働き過ぎも健康に良くない。ならばダイエットにも良くないだろう。体を無理させれば明日への体力が補給できないかもしれないし、できるだけ体力があったほうが次のための活力にも変えられる。なんにしても、やりすぎはよくないのだ。どんな力も、最大パワーを出すと異常な領...(続きを読む)

未来都市。
未来都市。偶然タイムマシンが完成してとりあえず未来に来た俺。だが、その未来はなんでかほぼ全域スラム街だった!!!!?次回、「未来なんてこんなもん」結局、人類はこうなった。人を信じるならば。とことんまで相手を信じ抜くべきだろう?そのためには自分を信じてもら...(続きを読む)

いつまでもいつまでも
いつまでも永遠に同じことをしていられるだろうか?人間とは、欲望よりも圧倒的なほどに、成長意欲というものが存在する。いつまでも同じことをしていられず、耐え続けることも本当に人格ができていないと石の上にも三年などいられないものだ。頑張るということさえも、人に...(続きを読む)

すっぱい
本当に意味があることなのかは別として、味覚というものには酸味を感じる機能があるのはわかるはずだ。それと同じように、しょっぱいや甘酸っぱいっていう感情もあるのは人間ならばわかるはずだ。人間っていうのは、意外と味覚と同じように脳も味を感じているのかもしれない...(続きを読む)




その事柄に対して戦うことは大切なことだ。


大切なことは逃げることができないという意味でもある。
戦い続けることに意味がないのと同じように、
戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。
適当に生きる人間には理由がある。

そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。



それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。
人はそれくらいに真面目なのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

経営者の心構え。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

もともと、
経営者というのは何かしらの事業をしていて、
その事業のトップだということである。




なので、
会社が不祥事を起こしたら、
即刻誠心誠意謝らなければならないのである。




社員である身内の悪いこともいいことも、
把握しておくのがコツである。


自分に従事るものを眷属という。



その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。


つまり、
その人間を信じて付き合うことである。





眷属というものは絶対的ではない。
だからこそ、
主従のよう主が強制的というわけではないのだ。
個人的にあなたとはいっしょにいたい。


例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、
そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。


その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、
その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づかないことが多い。


それくらいに、
人なんて理解できることがないのも、人間関係の醍醐味だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「いわゆる営子もブログをやるよ」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/06)




やあやあ。
みなさんこんにちは。



営子だよ?




なんでこのブログが日記を始める?


そんなこと決まっているじゃないか。
ブログに日記を書くのは、当然だからさ。


勝負というのは一期一会だ。


戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。
勝負とは絶対に決着がつく。


次はない。
絶対に。
料理はスピード。

そう言われるのは昔からだ。
なんにせよ。
スピードは大事だ。

相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

時は金なり

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

世の中には、
時間がカネになると思う人間がいるが、
それはヒドく正しいことだ。




一瞬一秒も無駄にせず仕事をすれば、それだけ仕事を回すことは造作なく出来る。




人というのは、
無駄がいっぱいある。
その無駄がなくなることは、人間にとって無限の時間を得るということなのだ。


どれだけ強くても、
圧倒的さにならないことは普通多い。


同じ人間だから余計にそれはあるはずだから、相手が本当に圧倒的だったらもう戦えるようなものではない。
人外の生物と戦っているようなものだ。


最新兵器を備えた機械に勝てないのと同じだ。
どんな兵器も、
それ以上の性能には勝てないが、どんなに強い人間も、
圧倒的に強い相手にはもちろん勝てないものなのだ。
物の価値は人それぞれで違う。

骨董品でも興味が無い人からしたら普通に食卓で出す皿として扱うほどになるだろう。
人とは自分が主体だ。



だからこそ、
絶対的に儲ける方法はないし、絶対的に万人に受ける手段はないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。