シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女の経営術

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、
女性になると、
ワンマン経営は向いていない傾向に有る。



これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。
これは遺伝子的問題だけど、
どうしても男性は女性に勝ちたいって習性もあるから、
ふざけた態度や舐めた態度をとる男性たちが多いのが古来からの両性の性質にあるのは理解できるはずだ。



例えば男女逆転なんて言って草食系男子肉食系女子がいても、
最終的には考え方がそうなだけで男性はやっぱり肉食だ。


女性はどうしても筋肉や活動の範囲が男性よりも狭くなってしまう条件が多い。
差別ではなく、
ただ単に、
恐らくワンマン経営のスタイルは向いていないだろう。
少なくとも、現代ではまだ。


人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもある。



人というのは生きている以上、
ある程度の意味で他人と同じ生き方をしている。



空気を吸わないと生きていけないのも同じである。
人は別に特別すぎるというわけでもない。
だからこそ、
どこかしらで個性がつくのかもしれない。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仕事はスピード

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

実際、
仕事をするときにはどういうことを考えるだろうか?




どちらにせよ、
問題はどのくらいに会社に対して利益を出せるかであって、
利益が出せなければ昇進も無理だろう。





利益になる社員が上に行くのは当然だし、利益にならなければ首にだってなってしまうだろう。
仕事というのは利益に対しての効率化だ。
仕事も何も効率的にするのが、重要なのだ。


思いやる気持ち。

それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。
それは本当なのだろうか?

私的には真実だと思うし、
理解できないのに会話も何もないと思う。
相手を理解することで話したら言えない内容ややってはいけない行為がわかるのだから、
逆に言えば悪影響のあることもできないことも理解できるのだ。
昨日一昨日。



そうやってそういうものが積み重なって、その人生は作られる。


人は生まれながらにして過去を持ち始める。
そして生まれるまでにさえも、
親の過去があって産まれる。




人は自由ではないにしろ、
自由になるだけの人生が積み重なって形成されているのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あるある笑



今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑




でも、
それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。
さらにいえば、
其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、
そもときまでギリギリまで苦しんでみようと思っている。




今のひもじい思いが将来の私の仕事の糧になると考えたら、
生産性がある状況なのじゃないかしら。


常に時代は移り変わる。


新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。





その新しい時代には新しい人間がおり、
その時代のリーダーになる。
そして、
それが現代でもあるのだ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016/10./08のトレンドワード情報!!!

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

体育の日
初冠雪
エゾビタキ
シュウメイギク
秋祭り
秋雨前線
秋空
スマートフォン
うつ病
ヒガンバナ
孔子
自閉症
SNS
円高
FTP
Google Maps
JavaScript
YouTube
Amazon
Googleマップ
楽天
DMM
Google
郵便番号
天気予報
Twitter
FC2
楽天市場
価格.com
バースデー
金銭感覚がわかる瞬間


永遠の愛などない。


どれだけ愛していても、かならず一度は限界が来る。

人の愛情とは、
一回終わっても復活するから継続できていくのである。



人は人がいることがストレスになる生物だ。
どれだけ一緒にいても、
ストレスになるのだから、愛は終わっても繋いでいくものだ。
どんな物語にも完結はあるものだ。



だからこそ、
人間の人生にも完結がある。




永遠につづく人生はないのだから、その完結するストーリーを、人は盛り上げなければいけないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

働く

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

日本人の持つ義務には、
労働をする義務というのが存在する。




というよりも、
それがそもそも日本の収益源でもあるし、共存して生きている以上協力するのはほぼ責任である。



まあ、
義務というよりも、働く方法があることが、人間には重要なのだが。


ブロガーならば
「ライティングスキル」ではあるが、
本気でその世界で生きるならばその世界の専門スキルを磨いて置かなければならないだろう。

それくらいに業界人とは難しい。
ラッキーパンチで生きられるのは少数、さらにその小数も時間が経つたび差が歴然と出てくる。
これが「洗礼」だ。
舐めて生きていければどの世界も常識が通じない。
常識とは、
「生きると覚悟したその世界でのみ通じることもある」
のだ。
様々な人々の金言があるが、
その中でも支配者の金言は凄まじい。。


まさに、
その世界で命をかけていることが堂々と伝わってくるような、
完全な発言ばかりだ。



よもや、
今の時代には必要がなくたって、こういうものは聞いておくべきだ。
人がそれだけに知らないことを、
命を張って時代を気づいた者達は、それを現代に伝えているのだから。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「営子の誤算」

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

(2016/10/08)



はい。


ついにやってしまいました笑




なんか思っていたのよりも収益の幅が低いみたいだ。
どうやらそれは、
私がやってしまっていた計算違いが理由のようだ。






どんなに技術が高くても、
計算にミスは絶対に起こる。
それが経営に響く前に止められるかが、経営者の技術なんだよね。


どんな物語にも完結はあるものだ。



だからこそ、
人間の人生にも完結がある。




永遠につづく人生はないのだから、その完結するストーリーを、人は盛り上げなければいけないのだ。
一人称をボクということ。




もし、
それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。



そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。


問題は、
その人がその人をどう扱うかである。
言葉は交渉手段である。
そして、
相手をどうするかは、
決断することである。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パートの必要性

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

パートタイムやアルバイトなどの、
不定期雇用労働者を雇う価値ってあると思うかい?



これは、
費用対価の面でありがたいんだ。
もちろん、
パートさんたちはそれでいいと思って働いてくれているし、悪い話ではないんだけど、
実は
賃金的には安いわけではないんだけど、
数がいるからシフトで調整しやすくできている。



なので、
時間調整が入る分のコストはかかるから低いようには見えるんだけど、
その分のマネーじメン費以外の部分においては、
シフトが組める分労働者の方にも利点があるんだ。





つまり、
空いた時間をもらえるなら、その分の労働対価はお支払いいたしますよ。
という、
ギブアンドテイク方式の儲け方がパート・アルバイトの利点なんだ。


生きる目的は人それぞれだ。

永遠にその目的を目指すこともあるし、
目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。
目的とはすなわち、
達成するまで最高の存在だ。
守っているものといえば、
影のようなものに思える。



常に一緒にいて、
常に動いているときも友にいる。






そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

エビチリにチーズ

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

エビチリにチーズ
あの中華のエビチリだが、実は隠し味にチーズが合う。あのまろやかな風味とコクはソースの中に入れた粉チーズの力によってパワーアップする。人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。別にそれ以上いけないわけではないが、通常の人間の生き方では限界が有るようだ。今で...(続きを読む)

美味しい
美味しいものを食べると、幸せになるのはなぜだろう。恐らく人間というのは味覚というものに非常に貪欲で、スゴく食べ物に関して情報を集めたがる修正があるほど、味に対して快楽を感じる生き物なのだ。どちらにせよ、美味しいものはあればあるだけいい。そういうものがあれ...(続きを読む)


牛肉などのお肉には、かなりの部位や皆様の知らない商品がたくさん存在します。最近では丸長やハチノスは知られ始めていますが、ザブトンや頬肉や、本当にあますところなくそれらの肉類はみなさまの知られていない場所で存在しています。みなさまは、牛から取れる肉を、どの...(続きを読む)

「グルメサルサソース」
さあ。通常のサルサソースを用意しよう。そのサルサソースに、マスタード、昆布だし、かつおだし、あらびきペッパーを混ぜるんだ。そうすると、通常のサルサソースに何倍もパンチがある。奥深いサルサソースになる。どうだい?作ってみたいと思わないかい??人は別に最強に...(続きを読む)

コクと深み
よく、料理に、「コク」や「深み」が足りないと言うが、これは、ダシや発酵食品、乳製品などの特定の有効成分で構成されていることが多い。味というのは、ある程度一定ではあるのだ。様々な人々の金言があるが、その中でも支配者の金言は凄まじい。。まさに、その世界で命を...(続きを読む)

喉を潤す
喉を潤す食事と同等の大切なものとして、何かを飲むことで生きるということがある。誰でもするし誰でも知っていることだが、例えば本当に乾いて息もできなくなってきた時、古代エジプトの人間は生き物の生き血で喉を潤すこともあったらしいのだ。実は血も水分なのだ。これこ...(続きを読む)

喉を潤す
食事と同等の大切なものとして、何かを飲むことで生きるということがある。誰でもするし誰でも知っていることだが、例えば本当に乾いて息もできなくなってきた時、古代エジプトの人間は生き物の生き血で喉を潤すこともあったらしいのだ。実は血も水分なのだ。これこそが、本...(続きを読む)


みなさまは骨を言うのをダシを取るものだけのと思っていませんか?実は、それは間違っています。牛骨などの骨は、漢方などの薬品としても使われますし、鶏の骨はそもそもその用途に使われる中でスープにしてもいいということで、薬膳鍋などに使われていました。それくらいに...(続きを読む)




金属などのアレルギーを同じように、
人にもアレルギーはある。

相手を接するだけで嫌だと思うこともあるし、その相手と接するだけで精神が折れることもある。

嫌という感情は絶対的ではないが、
その人が嫌という感情は、
なかなか変えられるものではないから、人間とは生きることで上手くやることが大事なのだ。
太陽は絶対に次の日に登る。



雲で覆われて見えなくても、
絶対に太陽は地球に光を灯す。





その光の大切さを、忘れてはいけないのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

来たい店、来たくない店。

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

どんな企業でも個人商店でも、
絶対にお客様がいる。




それは企業を相手に商談する商社でも、相手企業がお客様だからだ。




一つだけ言っておきたいことがある。

来たい店になるのであれば、
お客様に絶対的に敬意を表すべきだ。




お客様に来てほしくないのであれば、
絶対にお客様に笑顔を向けないべきだ。


集めたい。

これが欲しくてたまらない。





人にはそういう欲求と衝動がある。



人は何かを欲するし、
予想外なことに対して反応する時がある。
人は、
そういうものなのだ。
もし本当に誰かを守れないと思った時は、全力で暴走してもいいと思え。



その力が体の全リミッターを開放し、
相手の力をなぎ倒せるかもしれない。


まあ、そこまで鬼気迫った状況などないだろうが、絶対に守りたいのならば許せないことを許すべきではないだろう。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

成功論

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

物事に成功する人は、
何かしらの関係で成功する理由を知っている。



探偵もそれに近いが、
推理するために情報と同じように、経営者や成功者はなにかしらのヒントになる対象物がある。




例えばサプリメントであればどの成分が珍しくそして既存のものよりも優れていることを発見できればもう商品を確保できるようになるだろうし、
それができないからこそ様々な健康食品メーカーはこぞってライセンスを取ろうとするだろう。


それくらいに、
ヒントを見つけると先を見通しやすいものだ。


一人称をボクということ。




もし、
それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。



そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。


問題は、
その人がその人をどう扱うかである。
言葉は交渉手段である。
そして、
相手をどうするかは、
決断することである。
物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。

いわゆるタスク処理と同じだが、
駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。


駒というのはなるべく持っておくべきだ。
この駒がなければ、
絶対に戦えない的とも戦えるのだから便利だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あるある笑



今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑




でも、
それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。
さらにいえば、
其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、
そもときまでギリギリまで苦しんでみようと思っている。




今のひもじい思いが将来の私の仕事の糧になると考えたら、
生産性がある状況なのじゃないかしら。


金属などのアレルギーを同じように、
人にもアレルギーはある。

相手を接するだけで嫌だと思うこともあるし、その相手と接するだけで精神が折れることもある。

嫌という感情は絶対的ではないが、
その人が嫌という感情は、
なかなか変えられるものではないから、人間とは生きることで上手くやることが大事なのだ。
作業には、
一ミリのムダも許さない。



時間の無駄だし人生の無駄だ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

女の経営術

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

男の場合独りよがりのワンマン経営はできるけど、
女性になると、
ワンマン経営は向いていない傾向に有る。



これはなぜかというと、そもそも女性は古来原始人の時から男性が狩猟をする目的で女性たちは一緒になって家事をしていた過去があるからだ。
これは遺伝子的問題だけど、
どうしても男性は女性に勝ちたいって習性もあるから、
ふざけた態度や舐めた態度をとる男性たちが多いのが古来からの両性の性質にあるのは理解できるはずだ。



例えば男女逆転なんて言って草食系男子肉食系女子がいても、
最終的には考え方がそうなだけで男性はやっぱり肉食だ。


女性はどうしても筋肉や活動の範囲が男性よりも狭くなってしまう条件が多い。
差別ではなく、
ただ単に、
恐らくワンマン経営のスタイルは向いていないだろう。
少なくとも、現代ではまだ。


いつでも冷静に計算する。




人には理性では止められない勘定がある。

だからこそ、
いざという時も冷静になるべく慣れるように、気をつけておくべきだと思うのだ。
好きな人がいることは、
強くなれるということだ。


誰かを愛していれば強くなり、愛せないと強くなるには困難がつきまとう。




人はだれかを愛さざるをえない。
どんな状況でも、
恨みや嫉妬よりも強い感情なのだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Q:ひもじい生活をしたことが有りますか?

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク

あるある笑



今でも普通にお金をまともに使えないほど余裕が無いよ笑




でも、
それで生きているのだから色々と勉強するところもあるからそれはそれで楽しいのよ。
さらにいえば、
其の生活がギリギリの状態でも儲けるようにできるまで力をつけたけど、
そもときまでギリギリまで苦しんでみようと思っている。




今のひもじい思いが将来の私の仕事の糧になると考えたら、
生産性がある状況なのじゃないかしら。


戦う覚悟があるか。



上に立ち向かう気持ちは常にあるか?


絶望というのは好奇心と同じだ。
故に、
戦えるかが勝負である。
人がどれだけ逃げてもダメだ。



逃げても助けが来ないこともある。
もしビジネスマンならば、
絶対に助けてが来ないことも考慮して行動し無くてはならない。






それが、
体を酷使して仕事をするということだ。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。