シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク


侍には、誰にも折ることはできない絶対的な刀が体にある。それを折ることはできず、ましてや曲げることなどできない。そういう刀が、いま現代の人間にはあるのか?一度戦いに挑んだら、もう後には引けないだろう。絶対に引けない戦いだからこそ立ち向かうわけで、ずーっと前…(続きを読む)

長文
ブログも小説もエッセイも、記事の長さは書く人間次第だ。出版社が決めているのは記事と文章量とマーチャントなどの交渉料と対価で決まる。つまり、文章が多いほど儲かる。ただ、その分労力が多くなる。文章を書くとき何を意識しているのだろうか。私は恐らく金だ。鬼に金棒…(続きを読む)

意味
物事に意味などない。決して常に意味がある行動などなく、もしくはなんとなくでも意味といえば意味だ。あやふやであっても、さして意味がなくとも意味ではある。その行動に意味はあるか。ただ立ち向かってしまって負けては意味が無い。それくらいに意味を持って行動すること…(続きを読む)


苦しみを超えて
頑張ることをしなくなった私は、ついに小説も書かなくなった。何故かと言うと、諦める前にそもそもそれがどこかで使えるスキルになってくると感じ取っていたからだ。だからあっさりと辞めてしまった。それくらいに、今では小説を書くということがそもそも職業的な意思ではな…(続きを読む)

最高品質
小説が書けない?それは当たり前だ。プロもどうしても小説が書けないこともあるし、そもそもそれでへこたれていたらプロにはなれない。私ももともとプロだが、そもそもスランプに負けたというよりも、ただ若くそれしか生きる道はないという子供だっただけなのだ。規則とは守…(続きを読む)

現実
相手にどうしても勝てない時、実力の差を思い知らされることがある。まったく次元の違う相手はいないはずなのに、全く勝負にはならないことが人間の世界ではままある。実は次元が違う相手は絶対にこの世界にはおり、その人間に出会うこともないまま死んでいく人も多いだろう…(続きを読む)


恨み
恨み誰だって人を恨む。それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、絶対にそれは止めることはできない。人間なんてそんなものだ。決して立派なものではない。人なんてさして重要でもない。この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は…(続き…(続きを読む)

恐怖
恐怖を乗り越えれば怖くはない。例えばジェットコースターなんかがそうだろう。一番の山までは怖くて、それが終わった頃にはシュンと血の気が引くものだ。人なんて言うのは、怖いものにはめっぽう弱いものだ。それを乗り越えるための精神力こそが、力だといえるだろう。侍に…(続きを読む)

いくらやっても失敗するのならば、
失敗しない方法をまず考えなければならないだろう。

失敗は常に人にあり、
いつまでも同じ失敗を繰り返していると他人の次に行くことにさえも遅れを取っていく。

人っていうのは、
成長しないと大人にさえもなれない。
大人になっても、
先へ行く努力をしないと、遅れを取って後で後悔しても遅いのだ。
守っているものといえば、
影のようなものに思える。

常に一緒にいて、
常に動いているときも友にいる。

そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアしてみるかい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくれるのかい?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。